イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: ロレダーン・ヴェンドラミーン・カレルジ館(P.Loredan Vendramin Calergi)

前々回ヴェネツィアでの賭博について触れました。1946年ヴェンドラミーン・カレルジ館が市所有となって以後、1959年から冬季は市営のカジノ[casino`(賭博場)――テッセラ空港近くの Ca` Noghera も Casino` だそうです]となっていましたが、昨年12月13日のLa Nuova紙によれば、市は公営賭博を止め、民営に移行することにしたそうです。

建物はそのまま市の所有で、内務省相 Angelino Alfano の認可を得て、この建物とノゲーラ館での賭博経営権を民間に委譲する競争入札に入るというニュースでした。その上がりから一部を寺銭として頂戴するという方式に市は転換したようです。

大運河右岸、サンタ・ルチーア駅舎からサン・マルクオーラ教会を過ぎて直ぐの大きな建物で、右に位置する庭園も大運河に面しています。E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)は次のような事を書いています。
ロレダーン・ヴェンドラミーン・カレルジ館「ヴェネツィア初期ルネサンス時代の最も美しい建造物の一つに、15世紀終り頃、ロレダーンが著名な建築家マーウロ・コドゥッシに注文したものがある。それは1509年マーウロ没後5年にして漸くロンバルド工房が完成に漕ぎ付けたものであった。

それはルネサンス芸術の最も壮麗な物の一つであり、躍動的、且つレース飾りのように、上に伸びる空間の中でバランスの取れた諧調を持ち、偏にそのヴェネツィア的光り輝く明るさはトスカーナの影響である貴族的な簡潔さを目立たないように抑えている。3階までの大きな窓は、一つのアーチの下の大きな二連窓に表れるラグーナ・スタイルの優雅な美を強調し、盛期ゴシック的なるものを、1400年代の手法による装飾的な色大理石の使用により、古典的な描線へ調和的に回帰させている。

ロレダーン家の館は、その後ヴェンドラミーン家以外にも色々の所有者の手を経ることになった。即ち、ブラウンシュヴァイク(Brunswick)公、マントヴァ公、クレタ島の裕福な一家カレルジ家、最後のこの一家は館を夫のグリマーニ家に渡した。

この家は17世紀初頭、大運河に面した庭を包み込んでしまうような大きな翼をヴィンチェンツォ・スカモッツィに注文した。しかしそれは1658年3人の息子が犯した犯罪故に、シニョリーア政庁により取り壊しが命じられた。しかし直ぐに簡素な物が再建されたが、それは名も知れない没個性的な物である。

1844年ナーポリのフェルナンド(Ferdinando)2世の異母姉妹であり、フランスのシャルル(Carlo)10世の息子の妃であるデュ・ベリー公爵夫人の物となった。彼女が臣下達に謁見したのは、正統派の亡命王朝人に取り囲まれてのことだった。

庭の上の翼の左側部分の中2階で、1883年リヒャルト・ヴァーグナーが亡くなった。記念の碑が壁に埋め込まれている。現在は、市のカジノが冬季に開かれている。

ヴェンドラミーン家は1300年代後半のキオッジャ戦争時代に貴族になった。それ故“最新の”貴族である。最大の代表者としてアンドレーア(1401~78)があり、魅力的で、富裕、且つ寛容な人物だった。彼の最大の商売はエジプトのアレクサンドリア(Alessandria)で商われたが、ジュデッカ島にも石鹸工場を所有し、その商標は東方の物ということで、半月と星のマークだった。

その財産は莫大なものだったので、彼が《品物を手に入れるには自分のやり方で、金に糸目を付けない》と言っていたように、娘の婿選びにも細心の注意を払い、6人の娘それぞれに4万ドゥカートの持参金を持たせたほどのものであった。その細心さのお陰で、自分が総督に選ばれることになる。彼があまりにも近年に貴族となった新参者と考えられたがため、その選挙には莫大な努力を要した。
……
1467年選挙の年、息子が殺人犯として追放になるという心労が発生した。追放中その若者はロードス(Rodi)島騎士団に入団した。そして騎士団の制服は自分の刑を免責する価値ありと確信して、ヴェネツィアに帰還した。

委員の一人アルヴィーゼ・ランドは、即刻刑地に戻らないなら、逮捕させると警告した。その時総督は、深い怒りと悲しみに包まれて、追放刑にある全ての犯罪人がもしヴェネツィアに帰国すれば、即5年間の入獄と多額の科料を申し付けると通達を出した。

これは対抗措置であることは明白である。何故かならば、同じようにランドの兄弟に詐欺罪で流罪を宣告された高位聖職者が、家に秘かに隠れていたからである。それ故この男は遑急として町を去り、ローマ教皇庁に隠棲せざるを得なかった。

しかし2年間の総督職にある間(1476~78)、アンドレーアは度々フリウーリに攻め込んだトルコ軍への応戦によって、彼の持てる莫大な資力を証明したのである。

彼はサン・ジョヴァンニ・エ・パーオロ教会に葬られた。その棺はトゥッリオ・ロンバルド作で、大祭壇左に置かれている。」
  1. 2014/02/26(水) 00:04:19|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: ヴェンドラミーン・カレルジ館(2) | ホーム | カーニヴァル(5)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア