イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

小林惺先生

『山猫(Il Gattopardo)』(ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサ著、小林惺訳、岩波文庫、2008.03.14刊)を読了しました。この事に関連して、ちょっと触れてみたいと思います。
『山猫』小林先生のサイン[先生のサイン] この作品は何年も前にルキーノ・ヴィスコンティ監督の手によって映画化され、よく知られていますように、リソルジメント時代のスィチーリア島の一貴族の物語です。

私は以前、日伊協会の伊語購読の授業を受講していました。当時の講師の先生は、この本の訳者の小林惺先生でした。先生は講義中、この作品を伊語から直に訳して出版したい、とよくおっしゃっていました。事実この作品は、かつては仏語訳されたものから佐藤朔氏が日本語訳されたものが、出回っていました。

今年2月ヴェネツィア滞在中に、先生がお亡くなりになったことを帰国して知りました。先生は病床でこの本の校正を続けられ、全校正を完了された翌日に息を引き取られたと聞きました。ご冥福をお祈りいたします。

かつては伊語の翻訳物は、伊語から直に訳出されないことが間々あり、例えばルイージ・ピランデッロの『ピランデルロ名作集』(白水社、1958.08.10刊)の訳者は、岩田豊雄、内村直也、諏訪正、中田耕治、梅田晴夫と伊文学者は皆無です。ようやく伊語から日本語訳が普通に出る時代になったということでしょうか(『ピランデッロ戯曲集』Ⅰ・Ⅱ、白澤定雄訳、新水社、2000.04刊、という新訳が発刊されています)。

先生が大学を辞められ、日伊協会も退かれた後、受講生達は一年に一度先生を囲む食事会をイタリアン・レストランで続けてきましたが、残念ながら今ではそれも叶いません。

今では相当以前のことになりましたが、長い間ヴェネツィアで絵を描いておられた別府貫一郎画伯が帰国された時、オリヴェッティ社のCM誌『SPAZIO』誌上で、陣内秀信先生が聞き手で対談された記事が載ったことがありました。

その対談の中で、陣内先生がヴェネツィア留学中の70年代、サン・スィルヴェーストロ(S.Silvestro)停留所近くのカ・バルヅィッヅァ(Ca' Barzizza)という13世紀頃の建物に住まわれていた画伯の所に、3人の留学生小林惺先生、浜田信次氏、陣内先生が集まってよく酒盛りをされたのだ、と陣内先生が語っておられました。

小林先生との食事会の時、その対談の事を先生に尋ねると、「私も出る予定だったんですが、急用が出来て、全て陣内君に任せたんですよ」とのことでした。ヴェネツィアへの興味が高まっていったのは、陣内先生の建築・ヴェネツィア関連の御本やTV等での御講演、小林先生のお話を伺ってのことでした。

この『山猫』の文章を読んでいると、先生の授業が彷彿とされ、先生の訳例を聞いているような感に囚われましたが、それとは別に、先生が出版したいとおっしゃっていた2冊の本の一つが『イタリア文解読法』(大学書林、平成13年3月10日刊)として結晶しており、繰り返し読みながら、イタリア文と付き合っています。
  1. 2008/05/30(金) 18:17:07|
  2. | コメント:2
<<文学に表れたヴェネツィア――ダンテ、と造船所(アルセナーレ) | ホーム | イタリアの食品>>

コメント

Buona sera. romaji de siturei itasimasu.
"Yamaneko " totemo natukasii desu. watasi no yondanowa okakini natteiru sensei no yaku towa cigauto omoimasuga, nihonde saisyo ni yondatokiwa totemo taikutu desita.
kocira italia ni kite nannenka nocini yondatoki, taihen kyoumi bukaku tanosime masita.
watasi no italiagono sensei Annalisa wa kyoukasyo de yonde taikutu sitato iimasu.
"Yamaneko" wo tanosimuniwa aruteidono nenrei ga hituyou nanokamo siremasen,ne.

kanojyo Annalisa wa Yosimoto Banana wo nansatuka italòiago de yonde imasu.
watasi mo kocirani kitakara hajimete italiago de yomimasita !
Fujisawa Syouhei wo dareka italiagoni yakusite hosii monodesu !!
  1. 2008/05/31(土) 22:27:54 |
  2. URL |
  3. shinkai #kUWLOiSk
  4. [ 編集 ]

コメント、有り難うございました。トラブルがまだ解消出来ないようですね。
私もshinkaiさんと同じ感想です。若き日に佐藤朔訳で読んだ時は、貴族の話なんて、と親しめませんでした。今回は当時とは違う観点で読んでいました。やはり年齢的なものがあるのでしょう。
ミラーノで知り合った青年が吉本バナナを読んでいると言うので、あるツテで彼女のサインを貰い、Lucertolaを送ってあげたことがありました。それを機にバナナちゃんを読むようになりましたが、一番最初は良さが分かりませんでした。人は皆、手前勝手にしか読めず、公平に読むというのは難しいのかもしれません。
  1. 2008/06/01(日) 03:26:12 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア