イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

2014年のカーニヴァル(4)

本日の新聞La Nuova紙によりますと、ヴェネツィアのカーニヴァルは明15日に幕開けし、3月4日の martedi` grasso まで続くそうです。
2014カーニヴァル今年の主なカーニヴァル行事は、①サン・マルコ鐘楼からの天使の飛翔は、2月23日、3月2日・4日の3度あること。②アルセナーレがディスコとして解放されること。③フェニーチェ劇場で Cavalchina の舞踏会とピザーニ・モレッタ館でドージェの舞踏会があること。④女性操舵選手達と最高の仮面への授賞のためのカンナレージョ区でのパーティ。⑤ビエンナーレ委員会による青少年のカーニヴァルとゾンビ達のデモンストレイション等、と新聞は述べています。

2009.03.07日からカーニヴァル(1)カーニヴァル(3)とカーニヴァルの歴史等について触れました。
ゾンビの行進追記1=02.16日のLa Nuova2紙は、左掲のような《ゾンビの行進》の写真を掲載しています。
パンテガーナを先頭に追記2=02.17日のLa Nuova3紙は、「300人の操舵手による100艘の船は税関岬を出発し、大運河を経てカンナレージョ運河まで進んだ。船列の頭には、2014年カーニヴァルのシンボルであるヴェネツィアの溝等に棲む、昔ながらのどぶ鼠《パンテガーナ》。女性操舵手達の船列を見ようと大運河沿いには人の山。」と。
  1. 2014/02/14(金) 20:55:44|
  2. ヴェネツィアの行事
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: ホテル・バウアー・グリュンバルト他 | ホーム | 哲学に表れたヴェネツィア――ゲオルク・ジンメル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア