イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――ティツィアーノ・スカルパ(2)

2011.12.17日《文学に表れたヴェネツィア――ティツィアーノ・スカルパで彼の『スターバト・マーテル』(中山エツコ訳、河出書房新社)について触れました。その時紹介した彼のヴェネツィア話『ヴェネツィアは魚だ(Venezia e` un pesce)』(Universale Economica Feltrinelli、2003.10)の、今回その冒頭部分を少しだけ訳してみます。文学的ヴェネツィア・ガイドです。
Tiziano Scarpa『Venezia e` un pesce』「ヴェネツィアは魚である。どんなのでもいい、地図を御覧じろ。地図の背景を背に泳ぐ巨大な舌鮃に酷似している。この驚くべき魚は一体全体どのようにしてアドリア海を溯上し、正にこの巣(ラグーナ)に逃げ込んできたのであろうか。

今でも気紛れ次第で泳ぎ回っていき、寸時立ち寄ったりする。いつでも大のお気に入りの如く、あっちこっちへと旅をして回り、それを楽しんでいる。この週末はダルマツィア、明後日はイスタンブール、来夏はキプロス島、と。

その地に投錨するなら、何か然るべき理由があるだろう。鮭は流れに逆らって遡上し、疲労困憊しながらも山奥で交尾を果たすために、湍瀬を攀じ登る。バレーネ(balena 鯨)、シレーネ(sirena サイレン)、ポレーネ(polena 船首像)はサルガッソー海(海藻の多い海域として知られる大西洋西インド諸島北東部)で永遠の眠りに就くために赴く。

他の書は私が語っていることを笑いのめすに違いない。人々は語っている、町は無から立ち上がってきた、と。商業的にも軍事的にも、驚くべき、囂々たる僥倖、そしてその失墜の物語、正にお伽噺である。

私を信じて欲しい、実はこうではなかったのではないか。ヴェネツィアはご覧のように、概ねそのようなものとして存在し続けてきた。航行するということは、その時代の夜から始まる。全ての港に寄港した。全ての海岸、全ての波止場、全ての上陸地点に近付いた。

鱗には小アジアの真珠貝やフェニキアの透明な砂、ギリシアの貝類、ビザンティンの海藻が付着していた。しかしある日、これらの鱗や小さな物体や破片の重さのような物が体表に少しずつ堆積していくのを感じた。じっと身の上に積み重なっていく沈殿物だと分かった。

その鰭は水の流れの中では、手を振り切って逃げるにはあまりにも重過ぎるものと化していた。そう、地中海の最北地の入江に溯上していくことは一度だけと決めたのだ。そこは大変穏やかで、周辺の地形に守られ、休息するに適地だったのだから。

地図をご覧じろ。本土と結ばれている橋は、釣り糸そっくりである。ヴェネツィアは釣り糸に喰らい付いたように見える。2本の釣り糸で繋がれている、鋼鉄の線路とアスファルトの直線道路である。しかしこれはほんの百年ほど前に起きたことだ。

我々はある日、ヴェネツィアが変身してどこかへ再出発するかもしれないと恐れた。突如豹変して、再び抜錨してどこか遠くへ行ってしまわないように、今度ばかりはヴェネツィアをラグーナに括り付けた。

何年もの係留のお陰で、ヴェネツィアは泳ぎも不慣れになったが、この町を守るためにそうしたんだと人にも話している。だから直ぐにでも捕まえて、日本の捕鯨船の上にしっかりと繋ぎ止めて、ディズニーランドの水族館で展示が可能となるだろう。

実際には我々はヴェネツィアなしでは何も出来ないということである。自己愛の激しい人の扱いが問題だというならば、我々は嫉妬深いし、その上サディスティック且つ暴力的でさえある。

我々はこの町を本土と結び付けるという誤りを冒した。文字通り深い所まで杭を打ち込んでしまったのである。……」
  1. 2014/04/30(水) 00:26:45|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<ジョー・バルビエリ・トリオのコンサートと山上渡展 | ホーム | 聖マルコの祝日 4月25日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア