イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: フランジーニ(Flangini)館

E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)は、ホテル・プリンチペの右下(しも)に位置する建物、フランジーニ館について次のように語っています。
20世紀住宅など「この館は17世紀後半の、基礎はロンゲーナの物であることは明白であるが、多分ジュゼッペ・サルディの設計により、3分の2が未完成である。基部の浮き出し飾りのある切り石積みの上に、イオニア式とコンポジット式の2層の半円柱がファサードを際立ったものにしている。玄関門及び窓のアーチは力強い彫刻で飾られている。

この建物を遺産で遺された兄弟の片方が、もう一方への嫌がらせで建物を真っ二つにして自分側の翼を壊させてしまったがために、館としては未完成状態だと言われている。事実、非常に単純で平凡であり、古い持ち主は資金不足で、完成形に必要な隣の敷地を獲得出来なかったのである。

1310年以来フランジーニ家はキプロスの貴族であり、ヴェネツィアでは英雄的海の男、あのルドビーコのような胆力のある男達を輩出してきた。

ルドヴィーコとはダーダネルス(Dardanelli)海峡でオスマントルコの艦隊と勇敢に戦って深手を負いながら、体を船楼に運ばせて味方の指揮を取り、2日間に渡り獅子奮迅の働きをした。勝利の女神がヴェネツィアに微笑んだ時、崩れ落ち、絶命したのである。

皇帝フリードリヒ3世は、一家に伯爵の称号を贈った。1804年ルドヴィーコという人物が亡くなり、血脈が絶えた。」

更に右隣に続くサン・ジェレミーア教会について:
「恐らく11世紀に建立された教会で、1200年代に初めて立て直され、1753~60年僧カルロ・コルベッリーニの案で再度建て替えられた。ファサードは同名の広場に向いており、もう一方のファサードはカンナレージョ運河に向いている。
サンティ・ジェレミーア・エ・ルチーア左翼廊の角に聖女ルキア(サンタ・ルチーア)礼拝堂の後部が位置して、大運河に面している。そこに1860年このシラクーザの殉教者の遺骸が移されてきた。その時まで聖女は、鉄道駅に造り替えるために壊された、パッラーディオ様式のサンタ・ルチーア教会に眠っていた。

煉瓦製の美しい鐘楼は13世紀のもの。教会は元モルティ同信会館、別名死者贖罪の聖処女マリア信心会と1700年代の司祭館に挟まれている。」
 ――E.W.エレオドーリ著『大運河』(1993)より
[シラクーザで殉教した聖女ルキアの亡骸が、この教会にある理由についてはサンタ・ルチーア鉄道駅をご覧下さい。ゴンドラ上でナーポリ民謡『サンタ・ルチア』が歌われたりするのは、聖ルキアの遺骸が生地ではなくヴェネツィアで眠る、こんな事も関係しているのでしょうか、またシラクーザは遺体の返還を求めていると仄聞しました。]
  1. 2014/05/28(水) 00:05:56|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの祝祭: 2014年のセンサ祭 | ホーム | ヴェネツィアの建物: ソランツォ・カルボ・クロッタ館(3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア