イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

東京富士美術館

先日、八王子の東京富士美術館で大好きな伊藤若冲を展示しているというので行ってきました。最初に入室した常設展の方で私にとって予想外の絵を見ました。それは Alessandro Allori画『ビアンカ・カッペッロの肖像』(1572~87)です。ビアンカの肖像画が日本にあるというのは大変な驚きでした。
富士美術館チラシ表富士美術館チラシ裏  ビアンカ・カッペッロの肖像[東京富士美術館所蔵『ビアンカ・カッペッロの肖像』(アレッサンドロ・アッローリ(工房)画)]  ビアンカについては blog 天正のローマ使節 ヴェネツィアと日本との関係 バルバリーゴ・デッラ・テッラッツァ館 メーディチ家のミステリー 天正遣欧使節(9)等で触れてきました。資料によって筆者の彼女に対する評価が微妙に異なるのが分かります。今回は Marcello・ブルゼガーン著『ヴェネツィア人物事典』(Newton Compton editori、2006)で、彼女の短かった生涯についてのご紹介です。

「 トスカーナ大公妃(1548ヴェネツィア~1587.10.20ポッジョ・ア・カイアーノ[Storia di Firenzeのデータ])

ビアンカ・カッペッロはイタリア後期ルネサンス期の最も興味深い女性の一人であるが、娼婦のような女、あるいは民間伝承的には魔女のような女として描かれるという、歴史上でもセンセーショナルに捏造された犠牲者である。

古いヴェネツィア貴族バルトロメーオ・カッペッロとペッレグリーナ・モロジーニ夫妻に生まれた。1563年、文字通り才色兼備の少女だったのだが、その階級にあるまじきことに、無一文で、彼女に釣り合う血筋もないフィレンツェの若者ピエートロ・ボナヴェントゥーリに恋をしてしまった。家族や町の反対があったにも拘わらず、その年の12月12日に結婚してしまい、子供を孕み、フィレンツェに駆け落ちしてしまった。

フィレンツェでもあまりに美人であったので、称賛者が絶えなかった。そうした男達の中にメーディチのフランチェスコ大公もあり、彼は見境もなく彼女にゾッコンとなり、彼女を身近に置きたいがため、ボナヴェントゥーリを自分の衣装係に任命し、彼女を王宮に招き入れた。

大公妃ジョヴァンナは若きライバルの出現に心痛のあまり、亡くなってしまい、フランチェスコとビアンカの幸せのための最後の障害がなくなった。またボナヴェントゥーリは殺された。二人はこうして婚礼を祝うことが出来、イタリアの全宮廷にその旨が知らされた。

ヴェネツィアはこのスキャンダルの初め、ビアンカと若者に死の宣告をしたが、その後大公との結婚が告げられるや、満腔の喜びを表明した。彼女の両親は最初は、かの貧しい商人との結婚を激しく拒絶したが、大公とのそれは心から祝った。

ヴェネツィアの元老院はビアンカ・カッペッロこそ《その幸運で自らを作り上げ、称賛に値するというよりは類稀なる性格でもって、真の、そして際立った共和国の娘となった》と宣言し、彼女の父と兄弟に“騎士”の位を授与した。そして祝鐘を鳴らし、イルミネーションで飾り、新大公妃の戴冠式が更に厳かであるようにと、素晴らしい使節団をフィレンツェに派遣した。

しかし悲しい歴史が彼女の頭上に色濃く渦巻いていて、娼婦的女だとする夥しい噂から逃れることは出来ないし、魔女だとする、悪意のある、いかがわしい評判の原因となっている。

1587年10月19日疫病に罹り、数日後ポッジョ・ア・カイアーノのヴィッラでフランチェスコが亡くなり、翌日若いヴェネツィアーナも夫の墓へと後を追った。大公夫妻の同時の死は、一般には大公弟のフェルディナンド枢機卿が、ビアンカのために調合した毒薬を夫婦が飲んだものと考えられている。フェルディナンドの意志でビアンカはサン・ロレンツォ教会の公共墓穴に葬られ、彼女の宮廷生活の痕跡は全て抹消された。
ビアンカ・カッペッロの肖像[『ビアンカ・カッペッロの肖像』アッローリ画別ヴァージョン。イタリアのサイトから借用] 彼女の美しい肖像画の一つは、1572年頃アレッサンドロ・アッローリによって描かれ、フィレンツェのウッフィーツィ美術館に収蔵されている。」

この展覧会では、江戸末期来日したイタリア人写真家フェリーチェ・ベアート(1832年ヴェネツィア生、後英国籍獲得、1909.1.29フィレンツェ没)の写真工房で着色写真の修行をした写真家、日下部金兵衛の手彩色写真の数々も展示されています。
  1. 2014/05/10(土) 13:05:35|
  2. 絵画
  3. | コメント:0
<<ソランツォ・カルボ・クロッタ館(2) | ホーム | ヴェネツィアの建物: ソランツォ・カルボ・クロッタ館(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア