イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: コッレール・コンタリーニ(・ゾルズィ)館他

クェリーニ・パポッツェ館を過ぎ、レメール小広場とソランツォ通りを越すと、コッレール・コンタリーニ(・ゾルズィ)館となります。E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)はこの建物について次のように述べています。
コッレール・コンタリーニ館「この16世紀の大きな建物は、多分2家族用と思われる、独立した玄関門二つを備える。主軸線左側は2階、3階に三連窓があり、窓は全てアーチ形且つ楣(まぐさ)式のものである。

その高いアーチ形の窓は際立った窓枠組みで水平方向に繋げられている。一家の紋章のため、“心の館(Ca' dei Cuori)”とも称された。」

更に右へ行くと Spinazzi 館、ルカテッロ館と続き、グリッティ(・ダンドロ)館となります。同じく『大運河』(1993)は後者を簡単に次のように記しています。
グリッティ・ダンドロ館「土地柄の古い場所に建てられた17世紀の華麗な建物である。ファサードは露台の付いた大きな五連窓が両脇に片開き窓を従えて、2階、3階の中央に設けられている。」

グリッティ館の右にはメンモ・マルティネンゴ・マンデッリ館が続きます。『大運河』(1993)の説明をどうぞ。

「この地域には、10世紀からある建物が建っていたが、その後1700年代メンモ家によって建造された。それは浮き出し飾りのある高い基礎の切り石で、主軸線が左に寄って建てられ、2階の窓の両側を飾る彫刻、2階ファサードをリズミックに占めるアーチ形のペディメントに特徴がある。現在は、直接税地方局の事務所となっている。」

またこの建物について G. ロレンツェッティ著『ヴェネツィアとその入江』(1926)は次のように述べています。

「Dona' dalle Rose 館とも呼ばれる。10世紀からメンモ家のものであり、1700年代でも然りであった。改築に取り掛かったが、アンドレーア・メンモがサン・マルコ財務官に選ばれた機会に夥しい芸術品で館を飾り、豪華な設えを施した。

ルイージ・マルティネンゴ・ダッレ・パッレ伯爵の手に渡り、屋上にテラス、更に時計塔を設けた。――1886年L. マンデッリの所有するところとなり、下手な改造の手が入った。」

更に進むと通称サン・マルクオーラ、サンティ・エルマーコラ(男性名)・エ・フォルトゥナート教会広場となります。E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)はこの教会を次のように説明しています。
サン・マルクオーラ教会他「大変古い教会(恐らく9~10世紀に遡る)で、12世紀にはメンモ家によって初めて立て直された。現在の建物はちゃんとした設計図によるバロック様式のものであるが、1600年代末、アントーニオ・ガースパリにより更なる改築が進められ、1728~36年右脇の部分のファサードを除いて(一部見えている)、ジョルジョ・マッサーリによる建築が終了してしまい、中心のファサードは未完のまま残され、大運河に開けた狭い広場に向いて煉瓦のざらざらした生地そのままの、仕上げのない無味乾燥な顔を晒している。

内部にはヤーコポ・ティントレットの若き日の貴重な作品『最後の晩餐』(1547年)が保存されている。」

サン・マルクオーラ教会の右隣はガッティ・カザッツァ館です。『大運河』(1993)は簡単に次のように述べています。

「元来ゴシック様式の楽しい建物であったが、その後手が入り17世紀には上の階を増築した。4階の緑の草木をあしらったテラス、最上階に設置されたヴェネツィア独特のアルターナが人目を引く。収集家で建築家のジュゼッペ・ガッティ・カザッツァが20世紀の所有者となった。」
  1. 2014/07/24(木) 00:05:32|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: メンモ・マルティネンゴ・マンデッリ館(2) | ホーム | ヴェネツィアの祝祭: レデントーレの祭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア