イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――ヘルマン・ヘッセ(3)

「 ヴェニスへの到着

音もなく流れゆく暗い運河よ
見捨てられた入江よ
灰色に連なる古めかしい家よ
ゴチックの窓よ、ムーア風に飾られた戸口よ

深い夢に打ち負かされ
死に寝かしつけられて
ここでは時が眠っている
そして一切の生の気配の何と遠いことだろう
ここで僕はただひとりきり
古い路地をめぐりゆこう
松明に照らされたゴンドラ乗り場に足を止め
曇りガラスの窓を覗き込み
薄闇の中で子供に返って
こわごわと胸をときめかせよう
ヘルマン・ヘッセ[ヘルマン・ヘッセ像、サイトから借用]
 ピアツェッタ     
     
古い時代の金貨がきらめきながら
緑の絨毯を静かにまろびゆくように
そのように緑の波のやわらかなうねりに
幾千もの小さな黄金の炎が点々と輝き
合間には波にゆられてたわむれるように
遅い夕暮れのスミレ色の輝きが漂い
それらの中にはまるで王侯の印章のように
金色の巨大な地球儀がくっきりと映っている
間近な島に建つ教会は屋根をつらねて
青黒い空に鋭いシルエットをなして聳え立ち
その背後には、見えずとも気配を漂わせながら
早くも若い月がおずおずと銀色の光を放っている
サン・マルコ広場から聞こえてくる音楽は
惑うようにくぐもり、風の中に闘いながら
あるいはひととき澄んだ音となって響きわたり
あるいはゴンドラ乗り場に次々と寄せくる波の
しばしば激しく泡立ちながら
最上段まで打ち寄せるざわめきにかき消される
これまで僕の心を虐げていた苦しみは去り
はるかな夢と歌の中に退いて
僕が携えてきた困窮と苦しみも
美しい夜の中に高く響いて消えてゆく
ひそやかに柔らかな快感が訪れきて
おもねるように僕を包みこみ
心を占めていた憧れは遠のいて
雲が漂いゆくようにやさしく溶けてゆき
ゆたかな諧音となり、夢となり、歌となる
それは容易に得られた美しい時の獲物
そして純粋な今が僕を胸に抱き寄せる

 憂鬱――ヴェニスの墓の島で

美しい時が僕の手から流れ落ちてゆく――
僕は孤独な船人、くる日もくる日も船を進め
悲嘆にくれる沈黙の潮には島影のひとつとてない――
今日は暗い望みの駆り立てるままに
僕は墓の島へとやってきた
恐ろしい世界――逆巻く波が大音響を立て
忘却の岸辺に打ち寄せては砕け散る
ここに憩う者たちよ
忘れられ、嘆かれることもなく、街から遠く離れて
生の欲望にあえぐ街人がおまえたちを尋ねることもなく
おまえたちの場所を尋ねることもない
おまえたちは僕の同胞、私の親しい兄弟
生から切り離され、はるかな波の領域に移されて
おまえたちは憩っている
そのように僕は誰にも知られぬ異国の旅人として
かくも近々と熱く流れゆく生への橋も知らず
名前もなくさまよいを続けてきた
その途方もない嘆きには
味わわれなかった日々の輪舞が揺らめいている――
おまえたちのように僕もいつか消えてゆき
益もない巡礼の重荷を降ろして休むだろう (1903/04頃) 」
  ――『ヘルマン・ヘッセ全集 16 全詩集』(日本ヘルマン・ヘッセ友の会・研究会編、臨川書店、2007年4月30日)
  1. 2014/08/28(木) 00:02:38|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: エーリッツォ・アッラ・マッダレーナ、ジャ・モリーン館 | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――ヘルマン・ヘッセ(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア