イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: メンモ・マルティネンゴ・マンデッリ館(2)

前回メンモ・マルティネンゴ館について書きましたが、再度 R.Russo『ヴェネツィアの館』(1998)によって、この館についての違った話を述べてみます。
サン・マルクオーラ教会他「1775年アンドレーア・メンモがサン・マルコ財務官に選出された時、このメンモ館で行われた豪勢なお祝いの会について、ヴェネツィアでは永らく語り草になった。アンドレーアはパードヴァの施政官、そしてコンスタンティノープル、その後ローマに派遣された大使であった。

カーニヴァルの最中、総督レニエールが亡くなった時、総督候補に選ばれた。彼の研究書、瞑想録は著名である――彼の師カルロ・ロダーリの書の目録を作り、出版した――が、この時代特有の軽薄で放蕩的な生活態度でも知られている。青春時代、この時代の“ボッカッチョ的”生活の最も代表的な人物ジャーコモ・カザノーヴァの友人であった。彼とあらゆる種類の、現世的、軽薄な乱痴気騒ぎを共有した。

その他、この時代ヴェネツィア社会で非常に有名だった少女ジュスティニアーナ・ウィン――彼女とは外交使節のロレダーンの館で出会っていた――との事がある。彼女はアンドレーアを熱烈に恋い慕ったのだった。

彼女の愛は大変なものであったが、アンドレーアの方は楽しい思い出が残っただけであった。彼とのシックなアヴァンチュール、そしてオーストリア帝国大使フィリップ・ヨーゼフ・ローゼンブルク=オルシーニ伯爵との結婚後も、彼女はその愛を貫いた。

二人の間に育まれた友情については、今日未刊の夥しい書簡が残されている。1793年大運河に面したこの館で彼は亡くなった。建物は19世紀までメンモ家の所有であったが、その後マルティネンゴ家が獲得した。」
[アンドレーアについては、2010.05.22日のロレンツォ・ダ・ポンテ(4)(5)、ジュスティニアーナについては、2011.04.30日のアンドレーア・ディ・ロビラントで触れています。大変興味深い本です。]

この右隣は通称サン・マルクオーラ、サンティ・エルマーコラ(男性名)・エ・フォルトゥナート教会広場となります。地図本『Calli, Campielli e Canali』はこの教会を次のように説明しています。

「大変古い教会で、ファサードが未完のままの現在の物は、1728~36年にジョルジョ・マッサーリに建造された。聖エルマゴラス(伊語エルマーゴラまたはエルマーコラ)と聖フォルトゥナトゥス(伊語フォルトゥナート)の教会は、ヴェネツィア語で vulgo S.Marcuola と呼ばれ、内部には1547年のヤーコポ・ティントレット作品『最後の晩餐(l'Ultima Cena)』が保存されている。」

サン・マルクオーラ教会の右隣は、前回書きましたようにガッティ・カザッツァ館です。 次回はサン・マルクオーラ運河の右隣、Casa Volpi です。
  1. 2014/07/31(木) 00:01:30|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――ロバート・クーヴァー | ホーム | ヴェネツィアの建物: コッレール・コンタリーニ(・ゾルズィ)館他>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア