イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの祝祭: 2014年のセンサ祭

昨日のLa Nuova紙は、今年のセンサ祭について報じています。
海との結婚「伝統ある《海との結婚》を祝うセンサ祭が今年もやって来た。この祭には一連の行事があり、サン・マルコ湾とリードのサン・ニコロ岸の間の海上を活気付け、ラグーナを盛り上げる、ヴェネツィアの海との結婚式と色々の櫂漕競技で祭はピークを迎える。  

9時30分、サン・マルコ岸からリードへ船列は動き始めた。ヴェーネトの櫂漕協会の協力の下、伝統的な櫂漕船の列である。16時45分からサン・マルコ湾とサン・ニコロ岸の間の鏡のような海上で授賞式が挙行された。それに先立って、先ず最初に2櫂のプッパリーン舟による若者達の競争、続いて2櫂のマスカレータ舟による女性達の競争、最終戦は4櫂のゴンドラ舟による競争、があった。 ……」―[La Nuova 紙のキャプションをクリックすると動画が見られます。]
  1. 2014/06/02(月) 13:46:59|
  2. ヴェネツィアの行事
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――ギ・ド・モーパッサン(1) | ホーム | ヴェネツィアの建物: フランジーニ(Flangini)館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア