イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィア市内へ車の乗り入れ、罰金

昨日のLa Nuova紙は次のような事件を報道しています。

「  サンタ・キアーラ海岸通りに車で入り込み、旅行者は罰金

メルセデスの大きなステーション・ワゴンが救急車用の区域をローマ広場から降りてきて、サンタ・キアーラ・ホテル前の海岸通りを通過、驚く通行人の間をカラトラーヴァ(憲法)橋から下り、Actv(アチティヴ) のヴァポレット停留所前では徐行、そこに2人のラグーナ人(島の人)とピストルのケースに手を掛けた警察官が現われ、狼狽えた人間に止まれと命じた。

放心状態となり、ヴェネツィアがどんな町であるか全く無知の観光客は、2人の英国人(彼女は運転、彼は地図を持つナビ)で、驚愕のあまり説明するところは、ヴァポレットでサン・マルコ広場へ行きたく、その海岸通りに駐車出来るだろうと考えたという。

そこに通り掛かったヴェネツィア人達にとって、それは記念すべき写真であり、不朽となるビデオであって、それをPCネット上にアップ出来ることであった。直ぐに到着した警察官は先ずナンバープレートを取り上げ、2人の国籍等の身分を調べ、罰金のために送付した。その後、パリージ区間からローマ広場へ車を移動させた。

この種の事は初めてではなく、数週間前の明け方、ローマ広場の Actv 停留所前での駐車やサンタンドレーア海岸通りの Coop 傍の駐車、また酔っ払ったイエーゾロの若者が夜間カラトラーヴァ橋を車で渡り[橋完成間もなく、車が渡橋するビデオを見たことがあります]、サン・ジローラモ広場に至ったことがあり、告発された。……」

アンドレーア・ペリーニさんのアップされたビデオをご覧になれます。

ヴェネツィアはリード島をはじめ(リード~トロンケット間にフェリー運航)、本土からローマ広場までは自動車道が通じ、トロンケット地域そこから続くスタツィオーネ・マリッティマ地域までは車の運行が許されています。それ以外への領域には基本的に車やバイク、大人用の自転車等に至るまでの乗り入れは禁じられています。クリスマス・シーズン向けの子供用のメリーゴーラウンド等を組み立てる、どでかいクレーン車がスキアヴォーニ海岸通りを動き回る姿を見たことはありますが。
  1. 2014/06/29(日) 01:05:54|
  2. ニュース
  3. | コメント:2
<<ヴェネツィアの建物: クェリーニ・パポッツェ館 | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――マリナ・ヴラディ>>

コメント

車でヴェネツィアへ

ぺさん、こんにちは。
今日の記事を読んで思い出しました。
2008年のイタリア旅行ではヴェネツィアをその振り出し地点にしたのです。
アメリカからマルコポーロ空港まで飛んで、そこでレンタカーを借りるとそのまま運転をして、ヴェネツィアのローマ広場の駐車ビルに入れて、そこからヴァポレットに乗ってサンタルチア駅の近くの小さなホテルへ到着しました。

あの駐車ビルは車がギュウギュウ詰めでスペースを見つけるのに苦労したことを思い出しました。
  1. 2014/06/30(月) 14:22:51 |
  2. URL |
  3. September30 #MAyMKToE
  4. [ 編集 ]

september さん、コメント有難うございます。
リード島の友人は自分の敷地内に車を停めていますから、本土を旅行する時は、
フェリーでヴェネツィアのトロンケットに渡ります。
一方フォルモーザ広場の友人は、対岸のメストレの駐車場に停めていますから、
車を利用する時は、バスでそこまで行かなければなりません。彼らのお陰で、
トリエステやマントヴァ、アーゾロ、マゼールと連れて行ってもらいましたので
感謝しています。
イタリアでは尼さんの運転の車とヴェネツィア・ナンバーの車には近づくな、
と言うそうです。意味はよく分かります。
  1. 2014/07/01(火) 02:49:07 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア