イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――ハーマン・メルヴィル(1)

私にとってアメリカ文学の傑作と言えば、ヘミングウェイの作品群ですが、それよりも前の作品にメルヴィルの『モービー・ディック(白鯨)』があります。彼はこの1851年に発表された作品以後、厭人的傾向が強まり、56年には気分転換のために、ヨーロッパ、オリエントを旅したと年表にあります(ジョン・ヒューストン監督、グレゴリー・ペック主演の映画『白鯨(モビー・ディック)』を思い出します)。

ハーマン・メルヴィル(1819.08.01ニューヨーク~1891.09.28ニューヨーク)は、その旅行中ヴェネツィア滞在もしたらしく、1857年発表の『イタリア日記』の中に、ヴェネツィア滞在記があり、Zeppelin, citta` raccontate da scrittori シリーズ中の『Venezia』(Valerio Bispuri, Luciano del Sette 編)に、そのメルヴィルの《ヴェネツィア滞在記》の伊訳が載っていますので、訳してみます。
『Venezia』「4月5日、日曜日。サン・マルコ広場で朝食。3本の旗竿にはためくオーストリア旗。広場の素晴らしさ。太陽が降り注ぐ中、寺院の姿が輝いている。ご婦人方、花屋、演奏家達、アドリア海産の貝殻の呼び売りらが歩き回っている。また煙草屋。私はMindelのアーケイド下のベンチに腰を下ろしている(鐘楼の蔭、その下を歩き回る心地良さ。鳩の群に餌をやる人々)。

ゴンドラに乗る。ナポレオンが欲しがった庭園。ヴェネツィアの東端の公園(ニューヨーク・マンハッタン南端のバッテリー公園のような)。ラグーナ(潟)の美しい眺めとヴェネツィア本島の脇にある島々。リード島、そこから見るヴェネツィアは美しい。とりわけ総督宮殿、等々。アドリア海の海岸まで砂浜を散歩。静かな海。広い、長い砂浜。

アルメニア修道院まで海藻だらけのラグーナを渡る。世界から逃れるのに感嘆すべき隠れ処であり、ラグーナの中で静かな眠りにつける。リード島は、荒れ狂う大波のような人生に立ち向かう防波堤である。

庭園、修道院、回廊など矩形の広がり。図書館の窓からの眺め――島々、それは遠くの町。

アルメニアの高貴の司祭と長い髭の老人の肖像画。古い手動印刷機。トルコのメダル。手稿聖書。帽子。8人の信者と司祭。素晴らしい僧服。それは、薔薇色の絹布で飾られた窓を通して、煌めく水面に反射して燦々とした陽光の下、輝いているのが見える。 ……」(続く)
  1. 2014/11/27(木) 00:03:59|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの現在: アックァ・アルタ(高潮) | ホーム | ヴェネツィアの現在: マドンナ・デッラ・サルーテ教会のお祭り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア