イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ホイッスラー展(~2015.03.01日まで)

横浜美術館で開催中の《ホイッスラー展》(2014.12.06日~2015.03.01日)に行ってきました。ジェイムズ・アボット・マクニール・ホイッスラー(1834.07.11.マサチューセッツ州ローウェル~1903.07.17.ロンドン)は、米国生まれの画家ですが、ヨーロッパ、特に英国で活躍した、ジャポニスムの画家として特に日本では有名と思われます。
ホイッスラー横浜美術館ジュニアガイド ホイッスラー展図録右、展覧会図録
このホイッスラーがヴェネツィアを描いています。『展覧会図録』からその事に関しての記述を引用してみます。
「グローヴナー・ギャラリーの杮落としで展示されたホイッスラーによる夜景『ノクターン』、特に《黒と金色のノクターン: 落下する花火》を美術批評家ジョン・ラスキンが酷評した[《公衆の面前で、絵の具壺をぶちまけた絵》と評した、名著『ヴェニスの石』の評論家は既に時代遅れの感性の論者になっていたのでしょうか]ことから、彼はラスキンを名誉棄損で訴えた。彼は勝訴したものの、僅かな賠償金しか得ることが出来なかった。

そしてパトロンであったフレデリック・レイランドと《青と金色のハーモニー: ピーコック・ルーム》の装飾を巡って仲違いしたこと、更に彼自身の贅沢な生活から、1879年5月には破産した。齢45。ロンドンの美術商ファイン・アート・ソサエティは、経済的に困窮したホイッスラーに12点のエッチングをヴェネツィアで制作することを依頼した。

ヴェネツィアでの滞在は1879年9月から3ヶ月を予定し、エッチングは同年12月のクリスマス前に出版されることになっていた。……彼のヴェネツィア滞在は予定の3ヶ月から大幅に延びて、14ヶ月に及び、凡そ50点のエッチング、100点のパステル画、8点の油彩画を制作した。

彼はアッカデーミア近くのレッツォーニコ館に宿を取り、1879年秋から1880年の初め頃まで滞在した。サン・マルコ広場のカフェに出入りし、多くの若い芸術家に出会ったが、中でも銅版画家オットー・ヘンリー・バーカー(1856~1909)とは懇意になった。彼の勧めでガリバルディ通り近く、スキアヴォーニ海岸通り端のカーザ・ヤンコヴィツに引っ越し、バーカーの隣人となった。ここからは総督宮殿、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会、サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ教会への素晴らしい眺めが広がっていた。
ホイッスラー経歴サルーテ教会 サンタ・マルゲリータ広場左、平凡社版『ファブリ世界名画集: ホイッスラー』(1973)、《生涯》、《バラ色と黒、サルーテ教会堂、日没》、右、展覧会図録『サンタ・マルゲリータ広場の鐘楼』

カナレット(1697~1768)、グァルディ(1712~93)、そしてターナー(1775~1851)等、過去の巨匠達は水の都ヴェネツィアの永遠性を描いた。しかし彼は彼らが好んで描いたサン・マルコ寺院、サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ教会、大運河など歴史的建築物や観光名所を題材として選ぶことはなかった。

彼が選んだ主題の多くは、歴史あるヴェネツィアのモニュメンタルな建築物ではなく、小さな運河の奥まった何気ない一角、そこに生活する人々の日常と情景であった。
戸口ノクターン:溶鉱炉ノクターン:宮殿戸口とブドウの樹 庭左から(図録)、『戸口』『ノクターン: 溶鉱炉』『ノクターン: 宮殿』『戸口とブドウの樹』、右は『庭』(サイトから借用)

彼は1850年代に得た日常的な主題への興味を、パリやロンドンと同じように、ヴェネツィアでも示した。つまりホイッスラーは歴史の中からヴェネツィアの町が醸し出す本質的な要素を表現したのである。」

私はこうしたホイッスラーが描いた、ヴェネツィアの《光と影》の陰の部分の表現に惹かれました。

2009.08.01日のプルースト (2)で、ホイッスラーについて触れました。プルーストはホイッスラー等の画家をモデルにエルスチールという架空の画家を創造したのだそうですが、実名のホイッスラーの名前も『失われた時を求めて』の中には登場します。また例えば、明治時代の美術評論を蒐輯した東洋文庫『芸苑雑稿他』(岩村透著、平凡社)などでは、彼は《ジェームス・マクネイル・ウィッスラー》と表記されていたようです(「ウィッスラーのヴェニス滞在記」)。

なお常設展に、幕末、江戸・横浜などで活躍したヴェネツィア生まれの写真家フェリーチェ・ベアートの彩色写真の幾つか、『横浜』『鎌倉』『函館』『東海道の風景――リチャードソン氏の殺害の現場』『三田鋼坂』等が展示されています。

今年も後わずかとなりました。駄文に付き合って頂き、大変感謝しています。いいお年を迎えられますように、そして来年が良き年でありますよう、祈念しています。
  1. 2014/12/28(日) 21:03:31|
  2. ヴェネツィアに関する展覧会
  3. | コメント:2
<<ヴェネツィアの伝説: 初代総督パオルッチョ・アナフェースト(697~716)(1) | ホーム | ヴェネツィアの歴史: アックァ・アルタ(588年)とオデルツォ陥落(639年)>>

コメント

新年のご挨拶は重複しますので、失礼させていただき、

ヴェネツィアの初代総督の出だしも興味深いものですが、こちらのホイッスラーの絵にとても惹かれました。

名前すら殆ど忘れていた存在でしたが、失礼、この色の繊細さと白の使い方の美しさがとても洗練されていて素敵です。

ですが、版画の作品のヴェネツィアはもっともっと興味深いです。 モチーフに選ぶヴェネツィアの部分、彼の興味を捉えた部分がとてもよく共感でき、白と黒、エッチングの線、そして仰るとおり陰の部分がとても良く働いていますね。

ホイッスラーの名前で出る綺麗な油彩よりも、画家が自分の描きたいものを選んで描いた、素晴らしい晩年の作品を見せて頂きました。
有難うございました!
  1. 2015/01/01(木) 16:52:38 |
  2. URL |
  3. shinkai #-
  4. [ 編集 ]

shinkai さん、コメント有難うございます。
ホイッスラーが版画で初めて、ヴェネツィアの裏の寂れた、
崩れたような壁面などに目を凝らし、表現したことで、
《光と影》と通称されるヴェネツィアの陰の部分にも
人々が注目するようになり、彼によって滅びゆくものの詩情が
感じられるようになったのではないでしょうか。
汚い町だと口にした人も知ってはいますが。
  1. 2015/01/03(土) 14:45:46 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #j9tLw1Y2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア