イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィア: ヴァポレット事故

2015.01.29日のLa Nuova紙に次のニュースがありました。

「 リアルトでヴァポレット同士の衝突、乗客2人怪我
――2船の内1船のエンジン故障で、13時20分、衝突事故、船首がもう一方の船に突っ込む――

大運河のリアルトでヴァポレットの衝突。ローマ大広場方面に向かう、カルボーン河岸を13時20分発の第2番線の82号ヴァポレットは、リードに向かう、ローマ大広場発のヴァポレット47号が近付くのを見た。

47号は着岸しようとしながら、エンジン停止となった。運転士は制御不能に陥り、周囲のゴンドリエーレに注意を呼び掛けるために、故障を知らせるサイレンを鳴らした。

このヴァポレットの進み具合は、ローマ大広場方面行きの桟橋から離れてしまったヴァポレットの船首に直進した。船首同士の衝突により、満員の船上の2人が船から投げ出された。47号の男性には、スーエム(Suem)の医師が手術を要求しているし、82号の女性は肩を痛めたが、医学的処置は緊急を要しない、とされている。……」[Suem=Servizio di Urgenza ed Emergenza Medica]

2013.08.17日に、ゴンドラとヴァポレットが衝突して、独人観光客が死亡した事故(ゴンドラ乗船客の初死亡事故)のゴンドラ事故の記事を紹介しましたが、今回は死者もなく、なりよりでした。
アックァ・アルタ今年のカーニヴァル(明01.31~最終日02.17日)が迫っていますが、本日のニュースには相変わらずのアックァ・アルタが来襲する様子が報じられています。La Nuova2(110cmの高潮)。昨年のカーニヴァルでもサン・マルコ広場を海水が来襲しました。
  1. 2015/01/30(金) 15:00:59|
  2. ニュース
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの歴史: 726-27年 | ホーム | 法学者の紀行文に表れたヴェネツィア――田中耕太郎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア