イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: カ・ドーロ(1)

ミアーニ・コレッティ・ジュスティ館の右隣は、有名なカ・ドーロ館です。現在、ジョルジョ・フランケッティ美術館です。E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)はこの建物について次のように語っています。
ミアーニ・コレッティ・ジュスティ館ミアーニ・チェレッティ・ジュスティ館、カ・ドーロ「この建物はヴェネツィア・ゴシック建築の宝石として、大運河の中で最も有名、且つ人々に賛美されているものであり、総督宮殿と、その装飾の豊饒さにおいてのみ、比肩し得るものである。

1424~34年、マリーノ・コンタリーニのためにゼン家の敷地に建てられ、壁面を飾る珍しい様々の色の大理石装飾故、黄金の館と称されるが、かつては素晴らしい金箔で覆われていたそれが、現在では消滅してしまった。

ロンバルディーア人マッテーオ・ラヴェルティと、ヴェネツィア人ボン父子ジョヴァンニとバルトロメーオの作品である――この2人の有名な石工は総督宮殿の布告門(Porta della Carta)の作者でもある――彼らはこの魅惑的で洗練された、盛期ゴシック様式の傑作を作ったのである。

透かし模様で、左に寄った中心軸は、ビザンティンの装飾片に溢れ、繊細に彫られた、大運河に面した装飾開廊が1階に開けている。

カ・ドーロは商館住宅(casa-fondaco)と言われるもので、事実マリーノ・コンタリーニは商人貴族であった。2階、3階の大サロンは入り組んだアーチと、大運河に面した開廊の四葉装飾の素晴らしい多連窓から明かりを取り込み、反対の壁面には飾り窓が中庭に開かれている。

ファサード右のセクションは、2種の一面窓に挟まれた広い壁面を、よくあるように、色で絵画処理が施されている。両角は複雑な綱模様の大理石で際立ち、豪華なレース様装飾として、空に向かって浮かび上がらせている。

館は続いてマルチェッロ家の手に、更にロレダーン家の手に渡った。1802年には《相当壊れた》物として事業家ポッツィによって獲得されることになる。

1846年にはロシアのアレクサンデル・トゥルベツコイ(Alessandro Trubetzkoi)公が、バレリーナ、マリーア・タッリォーニへの贈り物とすべく、館を引き継ぎ、ジョヴァン・バッティスタ・メドゥーナに修復を任せた。彼は全てを作り変えようと、ボン作の貴重な井桁、ラヴェルティの中庭に通じる外階段を撤去し、大理石や柱頭を取り替えてしまった。

幸いなことにジョルジョ・フランケッティが、1894年所有者となり、館の損害を見極めようとし、古物商から取り戻そうと、メドゥーナによって売り払われた物を取り返し、元々あった場所に置き直した。

ライモンド・フランケッティ男爵は、最終的に1916年国に譲り、国は寄贈者の豊富なそのコレクションをそこに収め、人々の鑑賞に堪えるようにした。それらには貴重な絵画作品、大理石、ブロンズ像、家具、その他ヴェネツィアの芸術作品が多数含まれている。

館は、近年修復された。」

現在、左隣の、ヴィゼンティーニ作のミアーニ・コレッティ・ジュスティ館と繋げられ、フランケッティ美術館となっているようです。
  1. 2015/02/26(木) 00:04:06|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:2
<<ヴェネツィアの人口(3) | ホーム | 精神病理学者フロイトのヴェネツィア>>

コメント

ヴェネツィアの美術館

ペシェクロードさん、こんにちは。

この Ca' dOro の建物は良く覚えていますが残念ながら中に入るチャンスがありませんでした。
なにしろ町全体が美術館のようなヴェネツィアでは、歩きまわってめくるめくような建築の美を堪能するのがもう精一杯で、短い滞在中に個々美術館を訪ねる余裕が無かったのです。
その中で、サンタ・クローチェの Ca' Pasaro 美術館で3階のオリエンタル・アートを見たのを思い出しました。
裕福な貴族であったこの館の主は、わざわざ自分でアジアまで出向いてこれらの美術品を蒐集したのだとの解説を読んだ記憶があります。
  1. 2015/02/28(土) 16:02:03 |
  2. URL |
  3. September30 #MAyMKToE
  4. [ 編集 ]

september さん、コメント有難うございます。
カ・ペーザロは3度行きました。1度目はメインの近代美術を、2度目は東洋美術を、3度目はある彫刻家の個展のオープニングがあり、仏人ベアトリスが誘ってくれたので。
1階の売店には東洋館があるせいか、日本の作家、谷崎や芥川等大変な量の和人作家の翻訳が並んでいました。ヴェネツィア大学には日本語学科があるので、日本の作家の翻訳が沢山あります。特にここは多いのです。
  1. 2015/02/28(土) 17:15:16 |
  2. URL |
  3. pescecrudo #LtdfFu8U
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア