イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

間奏曲: スキー

長女が苗場に行って、カービングスキーでまた一つスキーが上手くなった、様な気がするってメールして来ました。

幼稚園時代からスキーをやらせました。1級の親の教えを守って、今では親を凌駕していますが、スキー気違いだった私は、何年も前、中腰の姿勢が腰痛で出来なくなり、スキーを辞めてしまい、ヴェネツィアに行っても、猪谷千春さんがオリンピック・アルペンで第2位に輝いたコルティーナ・ダンペッツォへ行ったことがありません。

ヴェネツィアの直ぐ北の雪を被ったアルプス連峰をヴェネツィア本島から眺めるだけです。ミラーノ駅前で屋根に〝板″を積んだ車を見たことがありますが、ミラーノからはどこのスキー場に行くのでしょうか。イタリア語でスキー旅行は、settimana bianca と言うそうですが、スキーというのは1週間単位で日光浴をしながらのんびり楽しむもので、イタリアには日帰りスキーという発想はあり得ないでしょう。

ヴェネツィアのカーニヴァルからの帰り、フィレンツェの友人の家を訪ねたのですが、途中の電車で隣あった御夫婦がアイルランドの人で、御亭主は映画監督で伊語は話せず、御夫人と話しました。帰国して教えられたサイトを覗くとドキュメンタリー・フィルムの監督でした。

アイルランドと言えば作家のジェイムズ・ジョイスぐらいしか知らず、彼がトリエステで英語教師時代、イータロ・ズヴェーヴォ[日本では『トリエステの謝肉祭』(堤康徳訳、白水社、2002年9月5日)他があります]と知り合い、後ズヴェーヴォを欧州に紹介したこととか、5世紀の聖人・聖パトリックのこととかは話が通じましたが、発音が酷いのか、ラフカディオ・ハーンのことは伝わりませんでした。

彼らはアペニン山脈でスキーをすると言って、ボローニャで下車しました。フィレンツェの友人宅に行くと、娘夫婦達は今スキー場だ、と言われ、そういうシーズンであることを納得しました。

《おめず臆せず恥じらわず》(『壽曾我対面』)、ブロークンで話しかけてみると、《袖すり合うも他生の縁》で、イタリア旅行の楽しさが倍加します。フィレンツェのソーニア・アルフォンソ御夫妻もそういう縁で知り合いました。
  1. 2015/03/30(月) 22:16:15|
  2. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: モロジーニ・サグレード館(2) | ホーム | ヴェネツィアの建物: ペーザロ・ラヴァ館とモロズィーニ・サグレード館(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア