イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――成瀬無極(1)

以前紹介した『世界紀行文學全集 5 イタリア』(修道社、昭和四十六年九月三十日)に、独文学者成瀬無極の欧州紀行『夢作る人』(大正十三年七月)の中の、『伊太利小景』が転載されています。その巻頭の序詞は次のような詩です。
世界紀行文学全集「 序詞
サン・マルコ鐘は鳴る、聖火のひらめき、
跪きて祈る人々、老い朽ちし媼(おうな)の傍に
うら若き少女の紅き衣闇に燃ゆ、
我もひれ伏して祈らばや、聖水に指ひたし、
釘うたれし主の足に接吻(くちづけ)して、
十時切り、ひたむきに神を念ぜん、
黒き罪を白く洗い、幼児の心に帰らん――
とは思えども頑固(かたくな)の噫わが心、石に似て砕けず悲しからずや。
サンタ・マリヤ・ノヴェルラの読経の声、
ミラノの伽藍(ドゥオーモ)の五彩の窓を漏るる日影、
耳に残り、眼に止まれど、噫、永久に(とこしえ)に、
われは盲目(めしい)、われは聾者(ろうしゃ)
アドリヤチコの春の浪に心和まず、
ゴンドラに揺られつつヴェネチアの水路行けば、
想いは乱れ淀みて底知れぬ淵に沈む。
灯火紅く、タンブァに拍子とりつつ
小夜楽(セレナアデ)(かな)で行く楽人の舟よ、
髪黒く唇紅きヴェネチアの少女よ、
われも載せてゆけ、星影幽かなる大水路(グランカナアル)
闇より闇へ漂狼(さすらい)の、わが心舵をたえ、
何時かはまた光明の海に浮ばん。

フィレンツェのウヒチの堂はめでたきかな、
ラファエロ、ダヴィンチ、ボッティチェリイ、
アンドレア・デル・サルトの筆に描き出されし
愛と信と希望との世界の美わしさ、懐かしさ、尊さよ。
「春(プリマヴェラ)」と「花(フロラ)」との間を流るるアルゴ河、
渡すはポンテ ヴエッキオ、画廊のかけ橋、
数知れぬ肖像画(リトラット)は天才の踏む道に
散り布く紅紫の花か。
ダンテの家(カザ)は徒らに名をのみ止むれど、
眉清く眼涼しく瑪瑙色の唇したる
ベアトリチェに似たる人のゆきかいする
檸檬(レモン)花咲く市よ恵まれてあれ。 」
 ――『世界紀行文學 5 イタリア』(修道社、昭和四十六年九月三十日)から『伊太利小景』(成瀬無極著) 
  1. 2015/04/30(木) 00:01:43|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィア大混乱 | ホーム | 箱根ガラスの森美術館 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア