イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

箱根ガラスの森美術館 

箱根の温泉に誘われた、その序でに、箱根ガラスの森美術館にも行ってきました。2月のカーニヴァル中にも足を運んだのですが。今回は『魅惑の香水瓶』というテーマで展示がありました。
新聞2新聞1 新聞4新聞3 パンフ1パンフ2 パンフ3
ヴェネツィアン・ガラスを中心に、古代ギリシア・ローマ・エジプト・ペルシア等の物から、近世のフランス、イギリス、ドイツの物まで、古代から王侯貴族から庶民に至るまで、女性達の必需品である香油や香水等を入れておく瀟洒な瓶の類が展示されていました。
風に揺れる盃ヴェネツィアンガラスジュゼッペ・バロヴィエール作『風にそよぐグラス』。風を受けてガラスが揺れています。
上のような常設展示もあります。
  1. 2015/04/28(火) 12:40:19|
  2. ヴェネツィアに関する展覧会
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――成瀬無極(1) | ホーム | ヴェネツィア総督: フランチェスコ・モロズィーニ(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア