イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: ミキエール・デッレ・コロンネ館(1)他

モロズィーニ・サグレード館を更に遡行すると、サンタ・ソフィーア広場の一番繁盛しているトラゲット乗り場があり、その右隣にはフォースカリ・デル・プラ館があります。E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)は次のような事を述べています。
ミキエール・デッレ・コロンネ館「15世紀後半の小さな建物で、1階にはオジーブ式(尖頭式)の六連窓が左に寄ってあり、右に一面窓が置かれている。3階は手酷い造りの仕上がりだが、飛び出した露台は下の階の大理石の開口部の四角形とバランスが取れている。1520年マントヴァ宮廷のヴェネツィア大使の住居だった。」

この館の右にはペルゴラ通りがあり、更に19世紀の住宅があります。その先にはミキエール・デッレ・コロンネ(P.Michiel delle Colonne)館があります。上掲の『大運河』(1993)の記述は次のようにあります。

「この建物は、1階のファサードに見えている細い柱が立ち上がった開廊が示しているように、ビザンテイン商館の典型的な様相を見せている。最初グリマーニ家の物であったが、その後、ゼーン家に譲り、ゼーン家は17世紀最後の10年間、アントーニオ・ガースパリに改築させた。

彼はファサードを全面的に改装し、どっしりと落ち着きのある建築ラインを保持しながら、2階3階の中央から周辺へと、ファサードのセルリアーナ式の周りにハーモニックな輝きを配置し、突き出した露台と窓上部の3角形部分と彫像がバロック期の典型的な要素を甦らせている。

館の名称は1階開廊の柱から来ている。1713年没の最後のマントヴァ公フェルナンド・カルロ・ゴンザーガ[Fernandoは西国名、伊国名はFerdinando,、間違いのようです]の住居だった。レオパルディ公が購入して、館はミキエール家の所有となり、公にはこの建物は、ヴェネツィアが直ぐにでも将来に渡って大いなる便宜を得るだろうことは分かっていた。 ……」

その後はミキエール家の3人の総督、ヴィターレ1世(1096~1102)、ドメーニコ(1118~30)、ヴィターレ2世(1156~72)を中心に話は進みます。ミキエール家は697年に初めてヴェネツィアで総督が選ばれた家族、16の護民官の家族の一つだったそうで、800年の前に公式の文書の中で語られている、重要な家系の一つだったそうです。
  1. 2015/05/28(木) 00:09:46|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物:ミキエール・ダッレ・コロンネ館(2)  | ホーム | ヴェネツィアの行事: ヴォガロンガ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア