イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――斎藤茂吉(2)

(続き)
「ヴェネチアの美術院(アカデミア)を見たり、寺院を訪れたり、古い役所の跡、富豪の跡などを訪れているうちに、小用がしたくなって来た。しかし便所はなかなか見つからない、もう少し行ったらあるだろうと思って行って見ると其処にもない。
世界紀行文学全集そのうち段々急を告げて来た。僕は独伊の豆字引を買って持っている。それが僕の隠しの中にあるので、幾つか語を引くことを試みた。そうして、その語を以て行きちがう往来の人にたずねて見た。けれどもちっとも通じない。

通じない筈はないと思うが、奈何(いかん)とも為方がない。そのうち僕は幾つか橋を渡り、幾つか広場を通った。とある水際のところに穴が明いていた。これは、雨でも降るとその雨水が海の中に流れて行くように拵えたものらしく、そこに鉄が嵌めてあった。僕はその穴に小便をした。  

こらえられるだけ怺(こら)えたので、小便はなかなか止まない。僕の近くを多くのヴェネチア人が往反(ゆきかえり)している。女生徒がきゃっきゃっ云って通過ぎた。それから男の子が五六人ばかり、小脇に皮のバンドで結えた教科書をかかえながらやって来て、わいわい言いながら僕の小便するのを見ていた。

僕は、けれども到頭小便をしてしまった。そして何かむずかしい事業でも完成したような気持でここを去った。空想家のフロイドは、こういう風に小便するときの感覚も、それから怺えた糞を放(ひ)るときの感覚も、みな性欲の一つの equivalente と考えている。若しそうならば、僕が白昼ヴェネチアでした小便をどう解明せねばならぬのであろうか。

『みちならぬたわけごと』を僕が白昼ヴェネチアの往来で為したことになりはしないか。僕はフロイドの学説を笑いながら、一目散にS. Marco(サン マルコ)の広場を差して急いだのであった。
……
それから丸一年三月ばかり過ぎて、僕は二たびヴェネチアに行った。その時には妻も一しょであった。僕は懐妊している妻を連れてやはり狭いヴェネチアの町を歩いていた。そして大運河からちょいと入ったところの家の角に来ると一人の男が小便をしていた。僕は驚いて近寄って見ると、そこは小便所であった。壁を一寸凹ませてそこに小便をしているのであった。

僕は正直にいうと珍らしいものを発見したような気持になって、それを鉛筆で写生したのであった。それから、そういう便所を注意して歩いていると、家と家との狭い路地の角にもう一つ見付けた。その次の日ももう一つ見付けた。

僕はヴェネチアを二度おとずれて、ヴェネチアの町にも共同小便所のあることを知り、非常な満足をおぼえたのであった。 ……」
 ――『世界紀行文學全集 5 イタリア』《ヴェネチア雑記》(斎藤茂吉、修道社、昭和四十六年九月三十日)

ヴェネツィアに行かれた時、この歌人のような見っとも無い事はなさいませんように。この町の街中に結構有料のトイレがあり、石畳にWCとして矢印で在り処を示してあったり、バールのコーヒーは安いことなので、バールに飛び込む手もあります。但し小さなスタンドだけの所は避けて下さい。私が街を歩いている時、よく利用したのは、フェニーチェ劇場隣のカッフェ《アル・テアートロ》はトイレが綺麗で、人を案内している時等、ちょっと一休みのつもりで利用しました。腰を下ろすと席料を取られますので、エスプレッソ一杯立ち飲みでOKです。

《アル・テアートロ》のファービオさんが作ってくれるスプリッツ・コン・ビッテルは最高!
  1. 2015/06/18(木) 00:06:21|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――斎藤茂吉(3) | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――斎藤茂吉(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア