イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――斎藤茂吉(3)

斎藤茂吉が精神病学の勉強のために1922年1月13日~1923年7月19日ウィーンにあった間、ヨーロッパ各地を旅して回った時の短歌作品があります。『齋藤茂吉全集』第一巻(岩波書店、昭和四十八年一月十三日)を繙いてみました。第四歌集『遠遊』の中に、《伊太利亜の旅》と題された歌があります。

――ヴェネツィア。六月三日午後著、五日去る――
◎大小(だいせう)の渠(みぞ)に出入るゴンドラに 古(いにしへ)の代(よ)の音(おと)を聞かむか

◎雲あかきゆふまぐれどきゴンドラに 乘りつつ來(きた)れ旅はさびしも

◎サン・マルコの夜深(よぶか)き鐘の餘韻(よゐん)にも わが身一つのこの靜(しづ)けさよ

◎古き代の航路(かうろ)のこともおもはしむ サン・マルコ寺院(じゐん)の夜ぶかき鐘は

◎ヴェネチアの夜のふけぬればあはれあはれ 吾に近づく蚊のこゑぞする

◎ひとり言(ごと)いふさびしさもなくなりて 白き蚊帳中(かやなか)に眼(まなこ)をとぢぬ

◎ヴェネチアの晝(ひる)の市(いち)なる海の魚 われの心を躍(をど)らしめたり

◎Bovoli(ボオリー)といふ蝸牛(かたつぶり)うづたかく 積みて賣れるを見れば樂しも

◎ヴェネチアは遠(とほ)いにしへゆ樂しくも この海(うみ)の魚(うを)食ひ來(きた)りしよ

◎パドワなる Giotto(ジオットー)も觀たりヴェネチアの 流派(りうは)も見たり幸(さち)ふかくして

◎古への井戸のあとあり淸きみづ 慾りて幾代(いくよ)の過ぎ來(こ)し跡ぞ

◎Palazzo Ducale(總督政廳)を素(す)どおりの如くして 見き連(つれ)なき吾は

◎街上(がいじょう)にイタリアの語(ご)聞くときは 古き代の粗(あら)さおもほゆるかな

◎幾たびもごみごみとせし道とほり 見るべきものも大方(おほかた)見たり

◎ほそき雨朝より降りてここよ見ゆる サン・マルコ寺の屋根ぬらしゐる
32
  1. 2015/06/25(木) 00:03:13|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: スミス・マンジッリ-ヴァルマラーナ館他 | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――斎藤茂吉(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア