イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの大道芸人(1)

カーニヴァルの時、サン・マルコ広場で丸太材や板で組んだ簡素な舞台上での、アルレッキーノとパンタローネのやり取りを見たことがあります。掛け合いはヴェネツィア弁なのかベルガモ弁なのか全然分からなくても、ワクワクする演戯です。またサント・ステーファノ広場では、よく流しのミュジシャンが歌っていましたし、新しい演し物のパフォーマンスをやる人もいました。サン・ルーカ広場では、火吹き芸人の芸を見たこともあります。
Antonio Visentini のサント・ステーファノ広場[Antonio Visentini の銅版画『サント・ステーファノ広場』]  ヨーロッパには中世の昔から、南仏のトゥルヴァドゥール(伊語trovatore)、北仏のトゥルヴェール(伊troviero)といった貴族の詩人作曲家がおり、宮廷等ではそうした歌などをミンストゥレル(伊menestrello)が実際に演奏していたそうです。

一方町中では、ジョングルール(伊giullare)がそんな唄等を広場などで演奏するため、縁日、定期市など祭日を求めて各地を徘徊していました。ジョングルールは楽師、役者、曲芸師、人形遣い、動物遣い、香具師等大道芸・放浪芸を見せる旅芸人・辻芸人の総称で、流離って生計を立てている人々でした。

以前放映されたNHKのTV番組『ヴェネツィア 水上の千年都市 音の記録』の中で――かつて日本では振売り、呼売り、立売り、触売り、棒手振などと呼称された商行為をする人達、即ち各地を渡り歩いて商いをする大道商人(mercante ambulante――日本では彼らのことを連雀とか連著と言ったようです)として――ヴェネツィア市街を流しながら呼売りする包丁等の砥ぎ屋さんや椅子の修理屋さん等の渡り職人の呼び声、空き瓶、ぼろ布・麻布等の廃品回収業の行商人の触れ声等を大変懐かしんで語る、第2代総督マルチェッロ・テガリアーノ(717~26)の家系に繋がるマルチェッロさんの話がありました(各地を渡り歩くタイプと同じ都市の内部を流しながら呼売りするタイプと2種類あったのでしょうか)。

ヴェネツィアではまた、広場等で露天商が屋台を並べたり、薬売りが人々を集め口上を述べていたようです。Ofiuco(蛇遣い座)という言葉があるほど、蛇遣いの歴史は古いのでしょう、広場で蛇に腕を噛ませ、その傷をあっという間に治癒させる薬を売った蛇屋さんも、広場の歴史に欠かせない存在と思われます。こうした浮草家業の人達の渡世の厳しさは、想像に余りあるものがあったと思われますが、また詩情も醸し出します。

《遍歴、放浪》を意味する伊語を探してみました。
aggirarsi(徘徊する)、ambulante(旅回りの)、ambulare(ぶらつき歩く)、bighellonare(ほっつき歩く)、ciondolare(うろつく)、deambulare(ぶらぶら歩き回る)、errabondo(さすらう)、errante(流亡の人)、errare(さまよう)、giramondo(浮浪者)、girandolare(ぶらつく)、girare(流漂する)、girellare(放浪する)、girellonare(巡歴する)、girondolare(ぶらつく)、gironzare(歩き回る)、gironzolare(ほっつき回る)、girovagare(漂浪する)、girovago(宿無し・行商人、さすらいの)、itinerante(遍歴の)、itinerario(旅の、行程)、nomade(遊牧民の、流浪の民)、pellegrinare(回遊する)、pellegrino(巡礼者)、peregrinare(巡り歩く)、peregrino(巡礼の、巡礼者)、ramingare(さすらう)、ramingo(漂浪の)、randagio(流離の)、vagabondare(漂寓する)、vagabondo(流浪の、放浪者)、vagare(漂泊する)、vagolare(彷徨する)

attore girovago は旅役者、artigiano itinerante は渡り職人、cane randagio は野良犬です。
  1. 2008/07/27(日) 00:11:46|
  2. 大道芸
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの大道芸人(2) | ホーム | ヴェネツィア映画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア