イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――今村楯夫

『ヘミングウェイとパウンドのヴェネツィア』(今村楯夫/真鍋晶子著、彩流社、二〇一五年一月二十日)という本を読みました。以前にもヴェネツィアのヘミングウェイについて触れました。2009.08.15~08.22日のヘミングウェイ(1、2)です。この本からヴェネツィアっぽいところを引用してみます。
『ヘミングウェイとパウンドのヴェネツィア』「  ヴェネツィアの市場
『河を渡って木立の中へ』の中で、キャントウェルは次のように語る。
《まず街の反対側にあるグリッティ・ホテルを出発するところから始めよう。ファンダメンテ・ヌォーヴェを通って迷わずにリアルト橋に着くところでゲームは終わる。そこまで来れば、橋を渡って市場に降りて行くことができる。市場は街のどこよりも気にいっていた。どの町でも、まっさきに行くのは市場だ。(第二十一章)》

キャントウェルあるいはヘミングウェイのみならず、旅する人びとの多くは訪れた都市の市場を覗いてみることを楽しみにしているに違いない。特に野菜や果物を扱う市場と海辺にある町の魚市場は格別に楽しい。市場には人びとの生活そのものが凝縮しており、その地方特有の食材としての野菜を手に取って見ることができるし、見たこともない果物を発見することもある。

ヴェネツィアの魚市場はまた格別、興味深い。まずは日本でも見慣れた魚貝類を確認し、次には初めて見る魚に驚嘆する。サバ、ヒラメ、クロダイ、アジなどに始まり、アサリ、シジミなどの貝類に加えて、大量のムール貝、エビは大小さまざまな大きさと色合いをもって山盛りに並べられている。

ヴェネツィアの市場に魅了されたキャントウェルは続く章で、詳しくその魅力を語っている。章全体が市場に関する話となっており、作者ヘミングウェイがいかに市場のもつ猥雑なほどに活気溢れる様相に心を惹かれていたか分かる。 ……」

私は1994年からヴェネツィア詣でを始め、2000年から7年間もアパートを借りて、毎年2、3ヶ月ずつ語楽学校に通ったのですが、未だに片言しか話せない全く不出来の生徒でした。語学能力なしでも街歩きは出来ますし、また毎日の食事は欠かせません。1994年、初ヴェネツィアの魚市場で、魚屋のジャンニと知り合いました。以後ヴェネツィアの魚についてはジャンニが教授してくれました。数年前NHKのTV伊語講座のヴェネツィア編でこの魚屋の叔父さん(現在引退)が対談者に登場し、テキストに写真が掲載されていたので、テキストを購入してジャンニに渡して呉れるように頼みました。叔父さんは日本の雑誌に自分が載ったと大変喜んで呉れたとジャンニが報告を呉れました。

そんな目で魚市場を見ると、私はシジミをリアルト市場で見たことがありません。注意深く目を凝らして見たことがないのでしょう。この貝は私の田舎の宍道湖など淡水・汽水域に誕生します、ラグーナは海水・汽水ですので生息可能のようですが。fondamente(ヴェ語)を〝ファンダメンテ″と米語式に読む等[ヌォーヴェ(nuove伊語⇒noveヴェ語)]、時に目にする誤植が気になりますが(魚貝類⇒魚介類)。郷に入っては郷に従え(Quando a Roma vai, fa' come vedrai)という格言は英語を話す人には馬耳東風でしょうか?

しかしそういう些細な事はどうでもよく、ヘミングウェイ好きは楽しく読みました。《パパ(ヘミングウェイ)》大好きです!
  1. 2015/07/30(木) 00:03:05|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――真鍋晶子 | ホーム | ヴェネツィアの歴史: 881年から>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア