イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――イータロ・カルヴィーノ

イータロ・カルヴィーノ(1923.10.15キューバ、ハバナ近郊~1985.09.19シエーナ)の、白水社の瀟洒な装丁のシリーズ《新しい世界の文学》の一冊『木のぼり男爵』(米川良夫訳、1964年8月20日)を読んだのは、もう何れ程前の事になるでしょうか。イタリア語が多少読めるようになり、イタリア書房で "Marcovaldo ovvero Le stagioni in citta`" を買ってきて、独り読みながらイタリア語の勉強、というより内容が大変面白かったことを思い出します。

カルヴィーノの『イタリア民話集』(1956)からは色々な民話集に翻訳されているようですが、《イタリア民話選》として『みどりの小鳥』(河島英昭訳、岩波書店、一九七八年四月二七日)でイタリア各地の民話が出版されています。文中に《少し悲しい話》『ポーモとスコルツォ』(ヴェネーツィア)と題したヴェネツィア民話が掲載されています。そのお話を冒頭からどうぞ。
みどりの小鳥「むかし大金持の夫婦者がいた。かねてから子どもを欲しいと思っていたが、子宝に恵まれなかった。ある日のこと、その大金持の紳士が道ばたでひとりの魔法使いに出会った。「魔法使いさん、すこしお願いがあるのです」と、切りだした。「どうすれば子宝に恵まれるのでしょうか?」

魔法使いは大金持の紳士にりんごをあたえて言った。「これを奥さんに食べさせてごらん、かわいい子どもが生まれるから」
夫はりんごをもって帰り妻にあたえた。「これを食べればかわいい子どもが生まれてくる。魔法使いにもらったのだよ」

妻は大変よろこんで召使いの女をよび、皮をむくように言いつけた。召使の女はりんごの皮をむいたが、捨てずにとっておいた。そしてあとでこっそり食べてしまった。

やがて、女主人に男の子が生まれ、同じ日に召使いの女も男の子を生んだ。召使の女の子どもはりんごの皮みたいに赤と白の肌をしていたので、スコルツォ(皮)と名づけられた。そして女主人の子どもはりんごの実みたいに真白な肌をしていたので、ポーモ(実)と名づけられた。大金持の主人はふたりの子を自分の子どものように育てて、いっしょに学校へ通わせた。 ……」

お話はこんな風に始まり、最後までヴェネツィアの地名一つ登場しませんから、どこの町の民話としても差支えのない内容です。C'era una volta una strega furba.(昔々ある所に、賢い魔女がいました)という昔話の定型を思い出します。

話は少し変わりますが、furbo/a(形容詞)という単語はイタリアでは+(肯定的)の意味を持つ言葉で、伊語中辞典にある《抜け目のない、ずる賢い》といった日本では否定的な使い方をする語ではないそうです。この辞典では《「ずるさ」「悪賢さ」の意味合いの強さはscaltro、astuto、furboの順で弱くなる。ときに「抜け目ない」「賢い」「目先がきく」の意で肯定的によく使われる》とあるのですが。文化の違いで日本語には、伊語のように其々の単語に-意の語、+意の語といった発想はないので、どうしても《狡賢い》といった訳語を当てるので、誤解されてしまうのでしょうか。

この8月は敗戦70周年で、TVで戦争特集が沢山ありました。硬直した直情径行・猪突猛進の日本陸軍は、死ぬことは潔いのだと本土決戦などという本当にアホな作戦を立て、日本民族の殲滅を強行しようとしました。furbo に日本の来し方行く末を模索するなどということの対極(diametralmente opposto)にある、単に了見が狭いだけの、一人よがりの"カッコ良さ"を求めたのでしょう。こういう人達の子孫である我々はやはり furbo の訳語に《狡賢い》を当てるのでしょうか。

私が思い出す映画にガブリエーレ・サルヴァトーレス監督の『エーゲ海の天使』があります。日本の悲壮感迫る兵隊ものと違い全編笑いに包まれた兵士ものでした。最終場面で、一人の兵士が帰国に当たって、島で共に生きてきた山羊数頭を英軍の艦船に乗り込ませようとしますが、規則で載せられないと断られます。しかし結局実現させるのです。

日本人は規則だと断られれば、交渉もせず引き下がるでしょう。潔いのです、交渉事は下手ですし。伊人は最後の最後まで furbo に希望の実現に努力を惜しまないのでしょう。カッコ良さの問題ではないのです。人がすること、一度決めた法律でも、それは永遠のものではなく、例外も多いことです。日本でも戦国時代、権謀術数は生き残るために必須だったのですが。日本的美学は無視して furbo に来し方行く末の人生、世の中の事を考えられればと思います。

ヴェネツィア共和国を繁栄させた"ヴェニスの商人"は正に"furbo"でした[シェイクスピアのアントニオーはヴェニスの商人と言えません、商人として愚か過ぎます。シェイクスピアの限界が見えます]。第4次十字軍に参軍して、信仰等見向きもせず利益優先、信仰に燃えた仏人十字軍兵士らををコンスタンティノープル陥落に協力させたエンリーコ・ダンドロの故事を知れば、合点がいきます。
  1. 2015/08/27(木) 00:01:54|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの大干潮 | ホーム | ヴェネツィアの建物: ドルフィーン(Casa Dolfin)館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア