イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの監獄

M.ブルゼガーン著『ヴェネツィアの神話伝説』(Newton Compton editori、2007.10)から、カザノーヴァで有名になった牢獄の話をどうぞ。
Marcello Brusegan『ヴェネツィアの神話と伝説』新牢獄舎「 セレニッシマのピオンビとポッツィの恐ろしい牢獄
総督宮殿の3人の異端審問官(2人は十人委員会から、1人は総督相談役の中から選出、前者2人は纏う衣服から黒衣、後者1人は赤衣と呼ばれる)の部屋から、〝ポッツィ(井戸)″と呼ばれる地下牢へは狭い階段を下り、また〝ピオンビ(鉛)と呼ばれる屋根下の牢獄へは狭い階段を上る。

前者は恐ろしいばかりの湿気、空気が希薄で、真っ暗のあまりそう呼ばれた。後者は鉛の板で永遠に覆われている。囚人は、冬場はポッツィ牢で寒さに苦しみ、ピオンビ牢では夏場酷暑に直面したであろうことは、容易に想像出来る。

ポッツィ牢が出来たのは、15世紀半ばに遡る。それは総督宮殿の中で、かしこに分散していた各種の独房を集中的にまとめようという1525年の決定に拠るものであった。それは隣接する他の空間から独立性を、兵站的に守る刑務所の施設である。

囚人の収容状況は非常にきびしいものであった。十人委員会は1568年公式に、《それは人間の埋葬》に酷似していると述べた。結局、これらの独房は、低い頑丈な、閂の掛かったドアから、やっと蠟燭のかすかな光か、油の明かりが灯されて届くか、天井の丸い穴からやっと風が入った。しかしそれは夜は締められ、最低の人間性を示すことになる。

ピオンビ牢は総督宮殿の建物の屋根の下に大部屋が7つあり、宮殿の運河に面し、15世紀中頃に作られた。ポッツィ牢に比して、夏の地獄の暑さと冬の温度の厳しさにも拘わらず、非常に凌ぎ易く、より好まれたと思われる。

現実には、そこでは空気はより循環しており、照明はもっと明るかった。だから、そこにはより罪の軽い囚人を押し込んだ。もっぱら残忍な罪や国家に対する犯罪を犯していない者であった。

ヴェネツィアの非常に厳しい牢獄から脱走に成功した者は、極くわずかであり、その中でもとりわけ有名な人物は、疑いなくジャーコモ・カザノーヴァであり、彼は1756年10月31日の夜、大胆不敵にピオンビ牢から脱走した。」
  1. 2015/09/24(木) 00:02:13|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの橋: 嘆きの橋 | ホーム | ドルソドゥーロ区の美術館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア