イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの橋: 嘆きの橋

M.ブルゼガーン著『ヴェネツィアの神話伝説』(Newton Compton editori、2007.10)に溜息の橋についてのお話があります。
Marcello Brusegan『ヴェネツィアの神話と伝説』嘆きの橋「総督宮殿と新牢獄舎を結ぶイーストラ(Istria)半島石製の宙空に浮かぶ橋。スキアヴォーニ海岸通りのパーリア(麦藁)橋から、その優雅さを愛でることが出来る。1600年代、新牢獄舎建設の注文で作られることになった。元々は総督宮殿の1階に秘密の場所として必要だったもので、当時は不十分なものになっていた。

建築家アントーニオ・コンティーンが、脱走出来ないように最高の安全を目指して、宙に浮かぶものとしてデザインし、起訴のために囚人達が牢獄から司法官の部屋へ移動する便のために造られたに違いない。

橋は2階にあり、宙に浮いて完全密閉状態で、内部の廊下は二つで、別々独立しており、一方は入館用、他方は出館用で、両側に夫々窓がある。

溜息の橋の伝説は、ロマンチックな文学が発端である。今や牢獄の役目は完全に終わった。囚人がどんな運命かは定かではないが、橋を渡る時、多分最後の機会だろう、それはラグーナであり、自由であり、はたまた、パーリア橋の袂で、涙滂沱で彼を待つ恋人の姿を、小さな窓から目にして、溜息を吐くに違いない、そんな人口に膾炙した伝説の結果でもあるだろう。

初めてこの街を見れば、欲求を一つ表現しなければならないと思うように、この橋は、何十もの繰り返されるイメージと共に、今や何世代にも渡って、人口に膾炙した伝説と共に、執拗に続くヴェネツィア認識のシンボルの一つとなった。」

2012.07.21日に書いたブログジョン・ラスキンでも触れましたが、イギリスの美術評論家ジョン・ラスキンは溜息の橋の設計者をアントーニオ・ダ・ポンテとしているそうですが、実際はダ・ポンテの甥、上記のアントーニオ・コンティーンだそうで、ダ・ポンテのリアルト橋建設に協力し、ダ・ポンテが新牢獄舎の建築を頼まれた時、その橋〝溜息橋″の設計はコンティーンに任せたのだそうです。

尚、溜息の橋の命名についての考察は、2014.01.22日のブログ鳥越輝昭を、ご参考までに。
  1. 2015/10/01(木) 00:05:49|
  2. ヴェネツィアの橋
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――板垣鷹穂 | ホーム | ヴェネツィアの監獄>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア