イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ローマの支倉常長一行(1)

私がローマで買った本、『Da Sendai a Roma――Un'ambasceria giapponese a Paolo Ⅴ(仙台からローマへ――パウルス5世への日本人使節団)』(Edizione Office Move、1990.10.)の中から、アレッサンドラ・ギドーリ・トメーイ著《1615年10月――ローマの日本人達……》と題されたものを、誤訳を恐れず、ローマの支倉常長について書かれたものを紹介してみます。
Da Sendai a Roma「 Ottobre 1615: 《Giaponesi a Roma…》[pが一つ、Giapponesi ではありません]
ジャチント・ジッリは1608-70年の彼の日記の中で《西インド諸島から来たローマの日本人達(Giaponesi a Roma dall'Indie)》というタイトルのニュースをその余白に書き付けた。 1615-16年の日本の遣欧使節のローマ滞在についての一節は、今日でもあまり知られていないが、次のように記した。

《1615年10月29日、日本の王(伊達藩主)の兄弟が西インド諸島から到来し、ローマに入った……、2年以上も掛かった旅であり、何人も引き連れてきたのだが、ローマに生きて到着したのは9人で、彼を含めて10人だった……。彼らに大いなる敬意が表明され、彼は各貴紳達の真中で馬に跨り、全員を引き連れ、大群衆と共に進んだ。

色々の色―灰色、白、黒に染められた衣類、他にも上着や聖職者用モゼッタ、また彼らの風習とは異なった衣類を着ていた。沢山の貴族、教皇の廷臣や護衛の者が付き従い、全員が同じように乗馬して同伴した。
パウルス5世常長謁見常長(1)[左、教皇パウルス5世、中、ソテロと支倉常長、教皇に謁見、右、支倉常長] 教皇は枢機卿会議を開かなかった。日本の王[伊達政宗]がまだ受洗していないので、その使節達のためにかかずらった。素晴らしい贈物を教皇に持ってきた。大使はキリスト教徒である。スペインのフェリペ3世に受洗を施され、彼の名スペイン・オーストリア[神聖ローマ帝国]のフランシスコ・フェリペ[羅典式フランキスクス・ピリポ]を洗礼名に貰った。

他の人達もクリスチャンだったが、内一人はその後、ローマのサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ司教座教会でボルゲーゼ枢機卿の手で、受洗された。そして教皇の名前を貰い、パーオロ・カミッロ・ボルゲーゼと呼ばれることになったのは11月16日のことである。彼は仲間と共に大変な栄誉を受けた使節であった。

彼らには色々な場所が紹介され、ローマの教会は色々なプレゼントで飾られ、彼らはローマ市民として認められた。彼らは1616年1月9日までローマに滞在し、ロレートのマドンナ教会に行き、その後帰国するために、彼らを案内して来た神父と共に出発した。神父は彼の母国で司教になった。》

データが一部不正確だったり、二次的な内容が変に詳しかったりするが、ジッリのニュースは大変興味深いものである。何故なら使節のローマ滞在中の主要なデータを全て含んでいるからである。特に遠国からはるばるやって来て、町に滞在する彼らの描写には、非常に新鮮なものがある。ジッリの描写を読むと、4世紀ほど前のこの日本人達を目の当たりにしているかのようであり、彼らが街を通過し、ローマ市民に強烈な印象を与えて、これほど異質の存在の在り様が確実に人々を同じように驚かせたのである。

しかし結局、お互いが同じように示唆し、影響し合うもの、好奇心といったものは別として、これほど隔たった二つの世界が各々の理解の中で、この数ヵ月の間に、お互いになかったもの、あるいは在り得なかったものとしてつぶさに観察出来たのであった。単に思い付いたということではなくて、今上で見てきたように、仮令沢山のニュースを提供しようとしたとしても、この2年以上続いた旅のモティーフが何なのか、ジッリは説明していないし、その真の理由は多分極く少数の人しか知らなかった。

こうしてローマでの、1615年10月末から1616年1月初めのその滞在は、毎日の色とりどりの行列等歩き回りだけを意味することになる。日本人達、即ち1620年9月最終的に祖国に帰還出来た少数の人々にとっては、かなり危険を伴った、大変な思いで、それは夥しい危殆と労苦に満ちたものだったから否定したいような、また語る慰めさえ否定したいような体験だったろう。

しかし7年前日本で、特に江戸では、キリスト教徒は迫害されており、そんな中で慶長使節は色々な期待の中で仙台を出発した。そしてローマの教会と日本との友好関係を築けるものと思われた。少なくとも奥州藩を代表とする地方ではそうであった。

この主人公達の一人、というよりむしろこの長い旅で皆を鼓舞してきたフランチェスコ派のルイス・ソテロは、教皇ウルバヌス8世に、云わば後世に受け継がれるべき、ある種の精神的財産として長文の手紙を奉呈した。その中で奥州藩主伊達政宗の心に、ヨーロッパへの旅のアイデアを吹き込んだとしている。

その文章は、二つのヴァージョン(羅典語版と伊語版)が知られており、大村の獄に繋がれている時、ソテロ師によってしたためられ、日付は1624年1月20日である。

それは非常に重要な文書で、一つには旅が終わって間のない頃に書かれたもので、非常に詳細な内容で、近々のニュースも豊富であり、もう一つは、ソテロの日本への帰還の旅については情報が少ないのだが、それらについて幅広く扱っている。」
 (2)に続く。
  1. 2015/10/29(木) 00:07:16|
  2. | コメント:0
<<ローマの支倉常長一行(2) | ホーム | ヴェニス・マラソン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア