イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ローマ行

チヴィタヴェッキアの後、ローマに行きました。ローマに着いて先ず最初に訪れた所は、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂のあるヴェネーツィア広場近くにある、イル・ジェズ教会でした。以前この教会に行ったのは『地球の歩き方 ローマ』の昔の版に、長崎で殉教した26人の絵があるとあり、この教会右脇の部屋に入ると誰もおられず、暫くして一人の僧侶が見え、拙い伊語でその事を尋ね、見せて貰えないかと懇願すると、その奥の扉を開けてくれました。
イル・ジェズ教会イグナティウス・デ・ロヨラ元和大殉教大殉教部分[左、イル・ジェズ教会、中左、イグナティウス・デ・ロヨラ(伊式イニャーツィオIgnazio de Loyola)、中右、元和大殉教図、右、元和大殉教図部分]
今回その部屋は絵葉書や宗教書を売る売店の形になっており、常駐の人がいました。以前にも見せて頂いたのですが…、とお願いすると簡単に奥の扉を開けて、内部を案内して説明してくれました。昔見た絵を失念しており、改めて再確認するものでしたが、それは26殉教者の物ではなく、1622年9月10日の、秀忠による長崎西坂における、55人にも及ぶ《元和の大殉教》という日本最大の殉教者を出した死刑の模様を描いた物でした。
元和の大殉教図[サイトから借用]  パウルス・ミキ他レオナルドゥス・キムラ達チヴィタヴェッキアの日本聖26殉教者教会の基になる絵がここにあると思い込んでいたのはそんな訳でした。以前見た島原の5殉教者磔刑図の事を尋ねると、それは現在修復中でここにはないとの事でした。その代わりに《Martirio di S. Paolo Miki, Givanni Coto e Giovanni Kisai in vari periodi in Giappone》(上図中)という絵が掲げられ、売店には《Martirio del Beato Leonardo Kimura con altri quattro cristiani a Nagasaki il 18 nov. 1619》(上図右)と、かつてと様変わりして、日本の殉教者の絵だけが掲げられていました。日本人必見です。
予約アドレスその後ガイドにあるように、支倉常長のフレスコ画があるという大統領官邸パラッツォ・クィリナーレに行きました。大門前で護衛をするカラビニエーリに、どうすればコラッツィエーリの間(Sala di Corazzieri) に入れるか、尋ねると、官邸広場前の右回りの坂道(階段ではない)を下って行く途中の左に《15A》の番地があるので、そこで予約するようにと言われました(休日休み)。事務所に行くと、5日先まで予約は一杯と言われ、日数がなく諦めましたが、PCで予め予約するアドレスを教わりました(上携)。
支倉常長他政宗の夢 常長の現[左、サイトから借用。右から、ルイス・ソテロ、支倉常長、後列右から、山城国の滝野嘉兵衛、摂津国の伊丹宋味、尾張国の野間半兵衛、支倉の書記・小寺外記 [支倉常長については以前のブログ支倉常長もご参照下さい] 尚、常長の洗礼名はスペインで受洗したのでDon Felipe Francisco Faxicura(羅典式Philippvs Franciscvs Faxicvra〔羅典語のVは「ウ」音〕、伊語式Filippo Francesco Faxicura)となるようです。
以前TVで、カメラが入ったボルゲーゼ宮殿の、ある壁面の支倉常長の肖像画を、案内のボルゲーゼの青年が《日本人!》と指差したのを見た記憶がありますが、昨年その絵が修復なって、来日し、東博で短期間展示されました。その絵の在所(ボルゲーゼ美術館?)を確かめることもなく帰国しました。

ローマでチェックオフする時、ホテルのsimpaticaな受付の女性に、次回イタリアに来るとするとどこに行きたいか?と問われ、シチリアと答えるとSciciliaとはどこかと問われ、えっ?と思ったのです。つい日本語式発音になっていたんですね。改めてSicilia(スィチーリア)と返しました。大変反省しました。

今ローマへ行かれると、トゥレーヴィの泉やスパーニャ階段は修復のために近寄れません。また、もしかするとサン・ピエートゥロ大聖堂も大行列のために、その日、遅く並んだ人は入堂不可能になるほどの大観光客です。出来るだけ早朝に並ぶしかないようです。
[ 今回フィレンツェでは大聖堂の周りを入場者が巨大行列していましたが、ヴァティカンでも広場の外側を超巨大行列がぐるり取り巻いていました。入場制限していますから、列の前進は殆ど見えません。巨大というレベルを遥かに超えた観光客の遅く並んだ人はその日入場出来ず、徹夜して次の日を待つのかな、と思いました。偶々レストランで隣り合った日本人は、今朝7時から並び、10番ぐらいだったと言っていました。日本にさえ来る観光客が増加し、世界は大旅行ブームに突入したのか、という感想を持ちました]
  1. 2015/10/22(木) 00:43:58|
  2. | コメント:0
<<ヴェニス・マラソン | ホーム | チヴィタヴェッキア行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア