イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: セルナジョット館他

レメール小広場を更に右へ進むと、15世紀のレメール館の右隣にセルナジョット(Sernagiotto) 館があります。E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)は次のような事を簡略に述べています。
セルナジョット館他「1800年代の上品な建築で、1階は円形小柱を脇に置いた角柱が支える楣(まぐさ)式構造開廊で、上の階には対になった窓が並ぶ。」

更に右に19世紀に改築された16世紀の住宅があり、その先にチヴラーン館があります。上記『大運河』は次の如く記しています。

「17世紀の擬古典様式風建物で、浮き出し飾りのある切り石積みの高い基部の上に立ち上がった、しっかりした発想によるファサードは興味深く、ノービレ階はバルコニーが連続的に占めており、中央窓は上部の大理石を支えるアーチがキーポイントとなって示され、その脇には三角形のペディメントが大理石で繋がれている。

現在は財務警察局の本部である。この一家は名を知られた、最も古い家系で、チヴラーン家は697年の初代総督の選挙に参加している。何世紀にも渡る長い、ヴェネツィアの歴史の中で、大いなる勲功を収めた、非常に勇敢なるキャプテンを輩出した。」

チヴラーン館の右隣はペルドゥッチ館で、『大運河』の記述は以下のように簡単です。

「15世紀のゴシック様式の小さな建物だったが、続く時代に手が加えられ、オジーブ式の二連窓の館となった。」

ペルドゥッチ館の右は、ルッヅィーニi(Ruzzini)館となります。やはり『大運河』の記述を借ります。

「1830年に崩れ落ちたペルシャ人商館跡の敷地に建てられた、多分19世紀終わり頃の、ネオルネサンス様式の大きな建築物。ルッヅィーニ家は1100年代初め、コンスタンティノープルからやって来た。一家の一人マルコは、ジェーノヴァとの熾烈な戦いの期間中、敵のガレー船を多数拿捕して、ギリシアのエーヴォイア島(Negroponte)で、栄えある勝利をヴェネツィアに齎した。

共和国は狂喜して、1558年8月29日を国の祝日と宣言するほどだった。

カルロは有名な外交官で、何度も大使となり、1732年総督に選出された。

ルッヅィーニ家は、沢山の、大きな倉庫を保有していたが、中でもドイツ人商館左隣のこの建物は火事で焼け落ち、再建され、ペルシャ人商館として機能した。」
  1. 2015/11/26(木) 00:04:10|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの歴史: 932~976年 | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――和辻哲郎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア