イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

書籍『ヴェネツィアの放浪教師』(2)

(引用続きです)
「……当時のヴェネツィアでは、庶民層から貴族層に至るまで教育需要が高まっていたが、とりわけ貴族層や上級市民層、専門職層において強い教育需要が起っていた。それに呼応するように、放浪教師たちがそれらの《良質の顧客》層の多数居住する教区、すなわち良質の教育需要の高い教区を指向したのも、当然であった。
『ヴェネツィアの放浪教師』自由競争の原理が働いている限り、需要の強いところに供給も多くなる。しかし、そのような富裕にして威信の高い教区の住民の数は増加しにくいから、需要には限りがあり、供給が続けば供給過多になるのは避けられない。そこに、放浪教師にとって過酷な現実が生じたのである。

このような状況を規定していたのは、中世都市ヴェネツィアの社会的、地理的条件である。ヴェネツィアの場合は、貴族層が政治を、上級市民層が官僚職を独占していた。この社会的特徴が、政治的、社会的な威信と経済的富の一部階層への集中を招き、そうした階層が多数居住する特定の都市空間において政治的な権威と社会的な地位と経済的豊かさとが重複するという特殊な状況が存在した。

そのために、放浪教師たちは威信と富とを所有する人々が多く居住する教区へと、明確にして強い居住指向性を示したものと考えられる。換言すれば、貴族と一部市民層による政治・行政職の独占による強度の社会的閉鎖性が、このような教師の居住傾向をより鮮明にしたといえるのである。

そして、都市域を容易に拡大できない潟の町の深刻な住居の状況が、結果的には、威信や富裕度において二次的な位置を占める都市域への教師の極度の集中化を生み、そこに教師の供給過剰と過当競争をもたらした事実も、おそらくは、教育を完全な自由競争に委ねていたヴェネツィアに特徴的に現われた現象ではなかったかと思われる。」
……
「世俗的にして自由な中世都市ヴェネツィアには、多数の放浪教師が流入してきた。彼らは狭隘な都市空間で過酷な競争を繰り返しながら、よりよい経済条件や社会的威信を求めて地理的に流動し、教師としての階層上昇を図ろうとした。そのような放浪教師によって、ヴェネツィアの私的な教育は繁栄していた。その繁栄に放浪教師が寄与する限り、彼らは保護育成の対象として認識されていたのである。

しかし、一五世紀半ばに教育の構造化が図られ、中等段階の公的学校が設立されたことによって、私的な放浪教師の中にも新しい変化が生ぜしめられた。それまでのヴェネツィアの放浪教師は、すべて完全に私的にして自由な学校教師であったが、以後、その放浪教師の中から官吏としての学校教師が生まれることになったのである。

放浪教師が読み書きやせいぜいラテン語の初歩などを教えているうちは、依然として私的にして自由な教師として活動することができた。しかし、彼らは読み書きよりはラテン語の初歩を、初歩よりは著作家の講読や修辞学を教えようとする教育内容の高度化を通じて、一種の職階上昇を図る存在であった。そして、教育内容を高度化させてより威信の高い教師となった放浪教師の中から、公的学校の教師たちが雇用されることになった。

こうして雇用され官吏化した放浪教師は、もはや私的にして自由な教師ではなく、移動の自由を制限された定着した学校教師となる。そして、貴族専制の維持強化を目的とした教育政策の下で設立された学校で教える以上、国家方針や教育政策に沿った教育をおこなわざるを得なくなる。万一、彼らがそれらに抵触するとなると、ヴェネツィアは容赦なく厳格に対処したのである。 ……」 ――(3)に続く

来年はいい年でありますように。
  1. 2015/12/31(木) 00:04:02|
  2. ヴェネツィアに関する書籍
  3. | コメント:0
<<書籍『ヴェネツィアの放浪教師』(3) | ホーム | 書籍『ヴェネツィアの放浪教師』(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア