イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――グスタフ・ヘルリンク=グルディンスキ

「グスタフ・ヘルリンク=グルディンスキ(Gustaw Herling-Grudzin’ski、1919.05.20キェルツェ~2000.07.04ナーポリ)は、ポーランド生まれの作家。1930年代末の学生時代、鋭い文芸評論でデビューした。戦争中、ソ連で投獄され、2年間 Kargopol の強制労働場で生き延びた。投獄体験から『また別の世界(Inny Ewiat、1951)』が生まれた。《ソ連のラーゲリについて詳細に書かれた、最も衝撃的本》とBernal Rossel が結論付けた。
『Venezia』ベネデット・クローチェの娘と結婚し、1955年からナーポリで生活した。彼の本は長い間、ポーランドでは禁書だったが、ヨーロッパの主要な言語に訳され、成功を収めた。

《ラ・スタンパ》紙や《イル・マッティーノ》紙と協力した。イタリア語で出版されたものは『Pale d'Altare』(1967)、『Due racconti』(1990)、『Dario scritto di notte』(1991)、『Gli spettri della rivoluzione e altri saggi』(1994)、『L'isola 』(1994)、『Un mondo a parte』(1994)、『Controluce』(1995)、『Le perle di Vermeer』(1995) 」と、Zeppelin, citta' raccontate da scrittori "Venezia"(I libri di diario)は書いています。

ところで本文は
「恍惚境を表現しようとして、平凡に言葉を繰り返してしまうという安直な手法を避けるのは難しいことだ。しかし同じような事が、愛の告白や嘆願でも起きてしまう。平凡である事を自動的にキャンセルしてしまうある種の装置が存在するのである。注意をそこから逸らしてしまう。何故なら、言い古されて手垢の付いた言葉が、新しい光を帯びて輝き始め、その言葉自体が現行の言葉の意味を凌駕して行き渡る。

ヴェネツィアに対する私の愛の始まりは、こうであった。かつてのあのある町以上に、日々魅了されていった。その街は夢の形から作られたと詩人は言う。私は特別な絆を覚え称賛した。睡眠と徹夜の間に、調和を設定したいのである。目覚めの瞬間、消えゆく夢が更に持続し、朝の光で消滅する。これが《私の》ヴェネツィアが創られたその礎である。

更に現実的なものになり得るか。はたまた今や非現実なものと化したのか? 運河に架かる非日常的と言える橋の上で、暗い水の中に一つの鏡を見付けたいものだとばかり、暫く立ち止まっていた。その鏡とは過ぎ去った事を確実に内在しているはずである。小路や広場では足音(時を反映する流れ)を聞き、その瞬間、遠ざかるのか、近付くのか、判別しようとしていた。

私は渡し舟(バポレット)の助けは借りない。何処にでも歩いて行く。私にとってゴンドラとは幻影である。かつてゴンドラの事はよく知っていた。譬え長年の間ここに住んだか、あるいはしばしば足を運んだとしても、他の町でそうであったようにヴェネツィアでも中心に辿り着きたかったのだ。

何故なのか? ヴェネツィアには中核、あるいは核心といったものがない。あまりにも流動的で不安定、捉まえようとすると逃げてしまう。

私はサン・マルコ広場や尊大な寺院が好きではなかった。総督宮殿が好きではなかった。固まった土地の一角に建つあまりにも具体的な街が好きではなかった。敷居の上で平衡状態を保つヴェネツィアが好きだった。何故なら、夢の現実の証だったから。

大運河沿いにさえ根を下ろした、前兆のようにもろい建物のあの蛇(蛇行――旅人の多くはこう定義した)は、神は何ものかはご存じだが、ヴェネツィアはしかるべきものであり、しかるべきものではなかった。ヨーロッパの同じ考えが眠っていた、そして同時に消え去るように脅迫され、消滅に向かっていた。 

夜明けから深夜まで、出来る限りあらゆるルートを進み、ヴェネツィアの中で熱狂的且つ恍惚として熱愛したのは正しくこれであった。真実でもある。しかし私にとって沈黙は正当ではない。最初の瞬間、我がヴェネツィアは私が住み着いた〝女″であり、正しく一人の女[伊語文法でヴェネツィアは女性]であった。」 ……
  1. 2016/02/04(木) 00:02:19|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: ドイツ人商館(ヴェ語Fontego dei Tedeschi) | ホーム | 2016年 カーニバル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア