イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: カメルレンギ館(2)

カメルレンギ館について、R.ルッソ著『ヴェネツィアの館』(1998.03)は次のように語っています。
ヴェネツィアの館「セレニッスィマの財政を司る司法官の名前からこう呼ばれる、カメルレンギ(財政管理者)館は、明確に財政事務所を指向した、ヨーロッパでも初めての建築物の一つである。それ以前に建っていたカメルレンギの前身の建物があった同じ場所に、1525~28年に建てられ、グリエルモ・デ・グリージの建築である。

当時斑岩や多色大理石で飾られた、この共和国収入役のこの場所は、事務所として以外にも刑務所や商人の開廊として供された。

かつて絵画作品のコレクションでも有名だった。事実、収入役の役人達の間には、職務の終了時、一家の紋章や自分自身の肖像を描き込んだ宗教画を館に残す習慣があった。今日画布――最も高価なのはボニファーチョ・デ・ピターティの物――はアッカデーミア美術館とチーニ財団にある。

館のファサードで目を引くのは、面白い挿話のある二つの彫像である。1500年代末リアルト橋が未だ木製時代、石造で出来ないか、幾度となく検討された。特にカメルレンギ(収入役達)は、工事が後送りされる費用について恐れていた。

人々の意見は割れていた。ある人はいずれ木製で新造されるだろう、またある人は今まで起らなかった事があるかも、と。この後者の意見について、ある一人の老人と老女があって、この二人がリアルトのタベルナ(居酒屋)で会って飲んでいる時、お互い相手に興奮して、老人の方は『そんな橋が出来たら、股の間に爪が生えて欲しいもんだ』、老女の方は『そうなったら私の身体に火を点けて欲しいわ』と。

こうした一風変わった願いが、グリエルモ・デ・グリージに何か暗示を与えたかも知れない、そしてカメルレンギ館の角柱の上に、脚の間を爪で覆われて蹲る男を、向き合った角柱の上には、ヴァギナが炎に包まれて座る女を彫ったのだった。

現在、館は会計院の在所である。」
  1. 2016/03/31(木) 00:05:26|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<ジョヴァンニ・バッティスタ・スィドッティ(シドッティ) | ホーム | ヴェネツィアの建物: カメルレンギ館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア