イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ラグーナ・ヴェーネタ(ヴェネツィア潟)の自然(2)

ヴェネツィア潟の自然の変化について6月23日のLa Nuova紙が次のような記事を載せていました。

「 ペッレストリーナとリード島で海月警報。《危険はない、ラグーナは〝海″になりつつある》
――自然史博物館のルーカ・ミッザーンは《潟は海化しつつある、驚くに当たらない》 黒鯛や海亀、更に海豚や鮪、巨大化した海藻まで。植物相、動物相に変化が――

ラグーナの生態系が変化しつつある。この何年もの間、最早、秘密ではなくなった。特に近年、漁師や潜り愛好家は変わってしまった海域とますますその空間を占め始めた海域の間にヴェネツィア潟の変化を見ている。先週リードやペッレストリーナの海岸でいわゆる〝海の肺臓″と呼ばれる海月が撮影された。しかしここでは気候の変化は見られないのである。《気温の上昇とか水の清澄化は事を説明する短絡的なやり方である》 とヴェネツィア自然史博物館館長ルーカ・ミッザーンは言う。《言うべき事、完全に理解すべき点は沢山ある》。

◎この変化をどう説明するか?
《この15年、色々の局面で変化を見た。モーゼ計画の動くダム工事、海岸前の殆どに soffolta(沈むダム壁)を作ることでさえ、潟の入口から入る水の流れを変えた。運河用の掘削で運河を作り、その結果、かつては泥と砂の潟を愛していた動物の海域が、岩礁の間で棲息する他の動物に取って代わられようとしている。海の海胆まで増え続けている》

◎環境変化について、問われる海の生物学とは?
《確かに有用な例証や情報は収集している。原因は多々であり、気候から水の流れまで、気温から他の動物を捕食する食肉動物(非食肉動物も)まで。しかしそうした考えが全て実行可能という訳ではない》

◎ヴェネツィア潟はその総体で危険地域?
《〝海″の湾となりつつあると言える。環境変化は近年増加したということ》

◎例は?
《舌鮃に似た passarini(単数passarin)をヴェネツィア人はよく知っているが、この魚は潟から姿を消した。mormora(鯛科の魚)はかつて殆どどこでも遊泳していた。今や真鯛ばかりが数多く見られる。真鯛の大群は甲烏賊の数を減らす。甲烏賊は真鯛の大好物なのである。我々はこの事に気付いた。……この2年のふた夏に現れた海豹について考えてみると、ある冗談が生まれたが、それは真実なのである。アドリア海では鯨や海豹は全く普通ではないが、出現するようになった。更に毒針を持つ死滅した(と思われていた)種属の例まで再発見され、大騒ぎになった》

◎かつて吃驚して叫んだ海豚はどこでも見られるようになった
《環境は連続して変化しつつある。海藻について考えれば十分である。10年前潟で、sargasso(ホンダワラ属の海藻―Mare dei Sargassi[サルガッソ海]とは北大西洋、西インド諸島北東の海藻の多い海域)を見た人がいただろうか。今やヴェネツィアの海岸通りや島に沿ってどこでも見られ、2、3mにも伸びている。4、5mにも及ぶ日本の海藻と同様の話であり、海底から海面まで広がっている。干潮の時見て考えて欲しい……》
セルジョ・フェーミオ[失神した鱸を手掴みしたセルジョさん(2016.04.09)] ◎最近何か気付いた特別な事など
《潟内や外のsoffoltaの間で捕れたgrongo(穴子)、castagnola、sarago(アフリカチヌ)について考えている。冬でさえbranzino(鱸=伊語spigola)は更に多く見かけるようになった。そして今やプロの漁師になった人々がいる。しかしサンタ・マリーア・デル・マーレの沖合い、潟の真ん中の水中数mの所で、数ヶ月前、200㎏・2m長の鮪が捕れた》
……(後半略)」
海豹[大運河の海豹(2013.06.21)] 2008.10.19日に潟の自然を書きました。更に過去の《La Nuova》紙上のラグーナ・ヴェーネタの動物についての記事を幾つか紹介します。海豹飛魚海亀海豚等。
  1. 2016/06/28(火) 16:01:45|
  2. ヴェネツィアの自然
  3. | コメント:0
<<谷崎終平さんの思い出 | ホーム | ヴェネツィアの建物: ブラガディーン・ファヴレット館他(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア