イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

『ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち』展

国立新美術館で開催中(07.13~10.10日)の、ヴェネツィア・アッカデーミア美術館所蔵の絵画展に行ってきました。来日した中で、最大の絵は、ティツィアーノの晩年の傑作と言われている『受胎告知』でした。リアルト橋傍のサン・サルヴァトーレ(S. Salvador)教会の右壁面の角にあり、何度か見ましたが、いつも暗く、今回は明るい照明の中、細部の色合いまで視認堪能出来ました。この教会には祭壇左上に、カルパッチョ作品と言われたこともある『エメイウスでの晩餐』(現在は同定せず)もあります。
アカデミア展1裏1
アカデミア展2パンフ裏2アッカデーミア展 パンフレットアカデミア展図録[左、チラシ、右、図録] 私は初めてヴェネツィアの語学校に通った時、借りたアパートが 《モチェニーゴ・ヴェッキア館》 だったので、“モチェニーゴ”と聞くと反応してしまいます。来日したヤーコポ・ティントレット画 『アルヴィーゼ・モチェニーゴの像』(1世、1570~77―下図)を掲げてみます。今回展示を見て回りながら感じた事は、作品達に初めての出会った感じがしなかったことです。3回はアッカデーミアに入館しているせいか、名状しがたい懐かしさのような感を抱いてしまいました。
アルヴィーゼ・モチェニーゴ像 ドメーニコ・ティントレット[右、ドメーニコ・ティントレット画『キリストの復活』] 先日伊東マンショを描いたティントレットの次男ドメーニコ・ティントレットについて書きましたが、今回彼の描いた肖像画ではない作品を見て、親に引けを取らないと感じました。
講演講演2実は展示物を見る前に、陣内秀信先生の 『水を現代的に生かすヴェネツィアの都市づくり』 という講演を聞きました。専門的な中身に、先生一流の楽しいヴェネツィア話が盛り込まれ、またヴェネツィア観光に出かけたい思いに取り付かれながら、絵画鑑賞の心構えが整ったのでした。

つい先日もNHKのイタリア街歩き撮影番組のベストを放映していましたが、またこのイタリア特集でヴェネツィアがベスト・ワンに輝き、私自身、大いにその思いを煽られて、ここにUPするためのヴェネツィア話のネタ探しに励まねばと思っているところです。
旧、鉄製アッカデーミア橋元インクラービリ養育院[左、アッカデーミア美術館(古い絵葉書)、右、アッカデーミア美術学校新在所] 2010.04.24日に、ナポレオンの意向もあって宗教施設がアッカデーミア美術学校とアッカデーミア美術館になったその前史について触れました。近年、その時以来あったアッカデーミア美術学校がザッテレ海岸通りにあったインクラービリ養育院跡に本拠地を移し、その空いた空間を美術館に模様替えするために、長い間修復のテントを被っていました。以前と展示方法が相当異なったことでしょう。
  1. 2016/07/31(日) 00:03:34|
  2. ヴェネツィアに関する展覧会
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの伝説: ノーヴェ海岸通りの7人の魔女(3) | ホーム | ヴェネツィアの伝説: ノーヴェ海岸通りの7人の魔女(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア