イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ナザーリオ・サーウロ広場

ヴェネツィアの広場には次のようなものがあります。この町の顔であるサン・マルコ広場のPiazza、その隣接した潟寄りの小広場 Piazzetta、バスの発着所であるローマ大広場 Piazzale、サン・マルコ広場以外の広場は大きいものが Campo、より小さいものは Campiello、もっと小さい空間は Corte と呼ばれることは、大抵の人が御存知と思います。[リード島では広場は全て piazza で、campo の言い方はありません]。

ヴェネツィア街歩きは、この各種の広場を結ぶ通り(Calle)を辿ることになりますが、得てしてその途中には太鼓橋(Ponte)があり、そこは狭い通りから開かれたような空間でもあり、見晴らしの利く橋の上に出るとホッとして、時には下をゆっくり音もせず進んでいくゴンドラに目を休めます。そしてお互い観光客同士手を振り合ったりすると、旅人の連帯感を感じます。

広場の名前は San の付いた教会名を冠した広場が目に付きますが、特に Corte のような小さな広場は教会名とは関係ないようです。私が借りたアパートの直ぐ傍の広場は、カステッロ区の二つの井戸広場、カンナレージョ区の Paludo(伊語 palude 湿地?)小広場、それからサン・ポーロ区のストゥーア小広場でした。
ナザリオ広場ナザリオ碑[サイトから借用] そうした広場の中で、例えばサンタ・クローチェ区のサン・ジャーコモ・ダ・ローリオ広場西の "Campo dei Tedeschi ora volgarmente detto Nazario Sauro" (俗にナザーリオ・サーウロと呼ばれるドイツ人広場)という不整形の、人通りの少ない大きな広場は、日本では殆ど聞くことのない人名が通称となっており、広場には彼の記念碑が掲げられています。

「夜明けから解放されたイストラ(伊語Istria)で胸躍らせる高まりの中、君、ナザーリオ・サーウロよ、ヴェネツィアは君を心から受け入れ、君の英雄的心に恍惚としている。君の事をイタリアに伝える。1922年3月22日」

どんな人か知りませんでしたので事典で調べてみました。
「1880年9月20日カポディーストリア(現、スロヴェニアのコーペルKoper)生~1916年8月10日ポーラ(現、クロアツィアのプーラPula)没  愛国者にして軍人。イタリアの未回収地域併合主義(irredentismo)の代弁者。イタリア王国海軍大尉で、オーストリア・ハンガリー帝国により、裏切者として処刑された」
と、ヴェネツィア人ではありません。当時、オーストリア・ハンガリー帝国領であったイーストリア(旧ユーゴのIstra)半島に生まれた彼[国籍はオーストリア]は、アドリア海海上で船乗りとして働いていました。
ナザリオ像[サイトから借用] 「第一次世界大戦の始まる前は、トルコ支配下で独立を模索するアルバニア義勇軍のために、武器を調達したり、運んだりする仕事に心より邁進していた。1914年大戦が勃発すると、列車でヴェネツィアに到着、オーストリアに敵対するイタリア王国海軍に入隊した。パイロット役の海軍大尉として魚雷の任務等に就いた。

1916年ヴェネツィアで潜水艦に乗船、フィウーメ(現、クロアツィアのリエカRijeka)攻撃に出動した。途中イーストリア半島のクァルナーロ(現、クヴァルネルKvarner)湾入口のガリオーラ岩礁で船が座礁した。潜水艦は壊れ、離礁不能で小舟で脱出したが、敵駆逐艦に拿捕され、投獄された。
 
ポーラの海軍軍事法廷で裁判が行われ、オーストリア・ハンガリー帝国に対する裏切り[伊人ではあるがオーストリア国籍]の罪で、1916年8月10日ポーラの軍事刑務所で絞首刑が執行された。

サーウロは『ピアーヴェの唄』という民謡で、グリエルモ・オベルダンとチェーザレ・バッティスティとともに歌詞に取り上げられ、人々に記憶されている」

大変な愛国的英雄ということでしょう、市庁舎のロレダーン館の玄関口にも、彼の顕彰碑が掲げられているそうです。
  1. 2008/09/28(日) 00:43:21|
  2. ヴェネツィアの街
  3. | コメント:0
<<日本の旅(1) | ホーム | ヴェネツィアの狭い通り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア