イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: コッレッジョ館とドナ館

コルネール・デッラ・レジーナ館から更に右へ進むと、隣はコッレッジョ館です。E.&W. エレオドーリ著『大運河』(1993)は次のような事を教えてくれます。
Elsa e Wanda Eleodori『大運河』(1993)「18世紀の倹しい建物で、1階は浮き出し装飾のある切り石積みであり、簡素な四角い窓は中央部が楣(まぐさ)式の三連窓で、三連窓の中央は三角形の小さな破風を被っている。

ベルガモ出身の商人であるコッレッジョ家は、カンディア(クレタ島のイラクリオン港)での熾烈を極めた、恐ろしい戦いの時、10万ドゥカートの寄附で貴族の位階を得、1700年この建物を手に入れ、再建した。1738年6月25日、最後の相続人ザンドナが亡くなり、建物は一族のある分家に遺贈された。」
カテリーナ・コルネールの生まれた邸宅「コルネール・デッラ・レジーナ館」更に右隣はドナ・サンジャントッフェッティ館です。『大運河』(1993)の説明を聞きます。
「古い構造物の上に築かれた18世紀の小さくて、質朴な建物である。両脇の、お互い隣り合う一面窓に比べて、中央の背丈の少し低い二連窓が、ファサードの発想の調和を狂わせてしまっている。

ヴィチェンツァから到来したサンジャントッフェッティ家は本土側の貴族である。そして“お金”で貴族に参入した。一家はヴェネツィアにカンディア戦争維持の費用としてかなりの額を拠出した。」

永井三明著『ヴェネツィアの歴史――共和国の残照』(刀水書房、2004年5月26日)は、ヴェネツィア貴族のこうした増加について次のように述べています。
ヴェネツィアの歴史「貴族人口の減少によってひきおこされた人材払底の打開策が政府によって講じられた。一六三〇年代、ヴェネツィアの貴族人口減少を埋めるために、本土の貴族(封建領主)がヴェネツィアに移住することが認められ、一六四五年にはクレタ戦争の戦費の捻出のため、それぞれ六万ドゥカーティで五家を貴族に加えることが提案された。

これはいったん大議会において否決されたが(賛成三六六、白票一四〇、反対五二八)、皮肉にも、これ以後大議会はつづく七〇年ほどの間に一二七家を貴族として受け入れている。しかもその条件は六万ドゥカーティではなく一〇万ドゥカーティとなっていた。この額は新貴族の年収を上まわる額で旧来からの貴族の最も裕福な者の年収(四万ドゥカーティ)の倍以上である。

クレタ戦争が終る1669年に新加入の許可が打ち切られるまで約八〇家が新貴族に加えられた。そして約四〇家が1684年から1704年にいたる間に貴族に加わったが、それはトルコに対するモレア戦争の戦費を補うためだった。」
このあとの文章で、色々の一家が貴族となった例、家族名が多数列挙されています。
  1. 2016/09/29(木) 00:04:27|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィア室内合奏団(インテルプレティ・ヴェネツィアーニ)(5)とドイツ人商館 | ホーム | ヴェネツィア版《愛の南京錠》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア