イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

観光客の礼儀

ヴェネツィアの新聞La Nuova紙は、この夏の観光客の傍若無人を嘆いています。町はリードのように海水浴場やピクニック場ではなく、市民の規律ある生活の場なので、一市民としてのあるべき礼儀を求めています。
海浜にあらず「 観光客への“十戒”: 《ヴェネツィアを蔑ろにしないで下さい》
――グループのメガホンは叫んでいる“我が未来のヴェネツィアは、市を周知するためのキャンペーンに期待して、印刷や掲示をするために商人達を呼び寄せている――

ヴェネツィアでは鐘楼の日陰等でピクニックをすること、自転車やスクーターで街を乗り回すこと、サン・マルコ前等のラグーナに飛び込むこと、等々全て禁止で、もし誰も気付いていないなら、それをどうやって観光客に伝えるか? しかし良識も教養も助けにはならない。処罰する前に、余りにも度を越した人や不注意極まる人に、覚醒して貰わねばならない。……」
……
La Nuova 2》、《La Nuova 3》、《La Nuova 4等々観光客の条例違反が多々あったようです。

サン・マルコ広場での禁止事項については、2009.03.14日のブログカーニヴァルで触れました。
  1. 2016/08/29(月) 18:19:49|
  2. ニュース
  3. | コメント:0
<<エレオノーラ・ドゥーゼ(2) | ホーム | エレオノーラ・ドゥーゼ(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア