イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: ペーザロ館(1)

ドナ館を更に右へ進むと、レ・ド・トッレ運河を挟んでペーザロ館があります。バルダッサッレ・ロンゲーナの傑作建築物だそうです。E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)は次のように紹介しています。
カ・ペーザロ「ヴェネツィア・バロック期の最も壮大な建築物の一つである。そこは以前、サン・マルコ財務官(procuratore)レオナルド・モチェニーゴが3軒の建物を建てていた場所であり、当時の大建築家バルダッサッレ・ロンゲーナの案に委ねられた。  

建築は1652年に始まったが、ロンゲーナが1682年に死去したため、3階の着工のところで中断され、1710年アントーニオ・ガースパリの手で完成した。彼は運河に面した大変質素なファサードの提案もしている。

館はライオンの頭部で細かく飾られた腰羽目装飾とダイヤモンド先端の模様で、高く持ち上がった基礎部で威風堂々としている。その中央部には、1階の天井は生地仕上げの柱で支えられ、華麗なアンドローネ(玄関と階段の間の大広間)に通じる大門が二つ開けている。建物ぐるりに連続して続くバルコニーで目を引く2、3階は、窓のアーチから大きな開口部を持つ双柱の列の中に、マルチャーナ図書館の案を取り込んでいると思われる。

深い開口部と夥しい彫刻群は、基礎部の装飾案と相俟って、バロックに典型的な際立った明暗効果を上げている。オリジナルな装飾としてニコロ・バンビーニの『ペーザロ家の栄光』(1682)のキャンバス画が2階に残されている。

ペーザロ家は富裕で勢力ある一家であり、最初の出身地と同名のパルミエーリと呼称されており、1297年の大評議会の《セッラータ》でヴェネツィア貴族とされた程古くからヴェネツィアに移り住んでいた。

“海の”総大将、外交官、文学者そして総督ジョヴァンニ(1658~59)を輩出した。芸術や稀覯本の収集に情熱を傾けた元老院議員フランチェスコ(1740~99)は、カ(館)・ペーザロで生涯を過ごした。彼は共和国滅亡前、ナポレオンに談判しようとしたが、多分柔軟性と能力の使い分けを間違えた。それが為、古きヴェネツィア人は名を成しているのである。

その後、館はグラデニーゴの手に渡り、暫時アルメニア神父達に貸与された。結局は、総督夫人フェリーチタ・ベヴィラックァ・マーザの所有となり、1889年芸術使用を条件にコムーネ(市)に贈られた。
Elsa e Wanda Eleodori『大運河』(1993)こうして彼女の若き芸術家を支援するという名目で、建物が立ち上がっている。館内は今や、近現代美術館であり、ナルディ公に由来する東洋美術の素晴らしい収集がある。」
  1. 2016/10/06(木) 00:03:42|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: ペーザロ館(2) | ホーム | ヴェネツィア室内合奏団(インテルプレティ・ヴェネツィアーニ)(5)とドイツ人商館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア