イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィア版《愛の南京錠》

若者に人気のある作家フェデリーコ・モッチャ(Federico Moccia)の小説『Ho voglia di te』(2004)が映画化されて(『その愛を走れ』(2007))以後、若者達に爆発的に広まった、愛の誓いとして南京錠を橋の欄干等に施錠して、鍵は河に捨てて、去る風習で、積もり積もったその重みでローマのミルヴィオ橋の街灯は倒れ、パリのボザール橋(Pont des Arts)の金網は崩れたそうです。

ヴェネツィアでは2013.06.05日に書いたブログ美化運動のように、電動チェイン・ソーで全てを切断し、撤去しました。世界遺産の町ヴェネツィアの景観を守るために、市当局は必死のようです。永遠を誓って橋に緊縛された愛は、数日後(?)愛よりも強力な電動チェイン・ソーで、町の美化のために汚らしく切断され、ごみ処理される運命にあるようです。現在、現行犯逮捕されると、ヴァポレットの無賃乗車の罰金よりも高額な金額が科されるそうです。その記事がLa Nuova紙に再度ありました。
愛の南京錠「 ヴェネツィアは100㎏の《愛の南京錠》を撤去した
――地元警察の3ヶ月のチェックの結果: 橋についての“警告”以後の新しい事態――

3ヶ月ちょっと前の、100㎏の南京錠のことと、私服警官と共に《愛の南京錠》現象に反対する、そのキャンペーン(ヴェネツィアでは橋への施錠は初めて禁令となった)は、二つの事態へと移り、違反者には罰金を科すことになった。

ヴェネツィアの橋の欄干に施錠する悪しき風習に反対しようと、現地警察は活動を続ける。作家フェデリーコ・モッチャの『Tre mesi sopra il cielo(『Ho voglia di te』がその続編となる、とか)の映画化作品の一般公開後に生まれた現象である。

地元警察の手術は、警察分署長フラーヴィオ・ガスタルディの協力の元、カステッロ区に興味を湧かせ、特にグレーチ橋、サンタントニーン橋、ピエタ運河橋、この橋の欄干の850弱の南京錠は、剪断器で切除された。その錠は重さが区々で、各々500g位の二つに切断された。……」
  1. 2016/09/25(日) 22:20:08|
  2. ニュース
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: コッレッジョ館とドナ館 | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――篠田真由美著『水冥き愁いの街』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア