イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィア街案内(7)

ヴェネツィアの語学学校通学時、ヴェネツィアの街歩きに興味があるなら、お薦めの本があるよ、と言われ紹介された、先生ご推薦の本、Guido Fuga-Lele Vianello著『Corto Sconto―itinerari fantastici e nascosti di Corto Maltese a Venezia』(LIZARD edizioni、1997)を以前紹介しました。その第二弾を紹介してみます。
Corto Scontoサン・マルコ中心案内「 サン・ザッカリーア停留所で1番線から下船
古くから続くホテル・ダニエーリの前で下船する。ここに沢山の人物が宿泊したが、その中にはチャールズ・ディッケンズやジョルジュ・サンド、バルザック、マルセル・プルースト等がいる。壮麗なホールにはエレガントで魅力に溢れたバールがあって、Prattもここで寛ぐのを愛した。

ホテル脇の橋を渡り、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の銅像の前に立つと、天に向かって剣を振りかざしている: ヴェネツィアでは“impiracolombi(鳩も鼻に引っ掛けない)”と囁かれている。

左へ踵を返して、小さな軒下通り(ソトポルテゴsottoportico)を抜けると、15世紀のサン・ザッカリーア教会の美しいファサードの前に至る。最初の建物は9世紀に遡り、10~11世紀に手が加えられた。現実の建物は建築家ガンベッロの作品で、マーウロ・コドゥッチがゴシックとルネサンス様式の美しい混交で最終仕上げをした。

この教会には、他に聖ザカリーアスと聖アタナシウスの聖遺物が保管されており、正に興味深い、古いクリプタ(10~11世紀)はサン・タラーズィオ礼拝堂の下にある隣接の修道院と通じている。

教会内部の左側面には、ジョヴァンニ・ベッリーニの素晴らしい祭壇画がある。1506年かの有名なアルブレヒト・デューラーはこの絵を見て、ヴェネツィアから友人に手紙を書き、ヴェネツィアの画家誰一人として、当時75歳だった“ジャンベッリーニ”のように矍鑠とした老人であると誇れる者は皆無であると断言した。

ここを訪れた後は、教会を後にして我らが辿るべきルートに従おう。軒下通りを潜り、サン・プローヴォロ(S.Provolo)橋へ直行。それを渡橋すると直ぐ左に居酒屋“リヴェッタ”がある。Pratt に愛された所。サンティ・フィリッポ・エ・ジャーコモ(S.S.Filippo e Giacomo)広場に入ると、右手にまた美味しい居酒屋“ラッチュゲータ”がある。

左手には2軒の店の間に、小さな通り(calle)が覗き、ロザーリオ小広場(Corte del Rosario)に通じる。ここには戸の上方に隠れたように、14世紀の悪巧みに長けたような小さなドラゴンの浮き彫りがある。更に我々の案内に従って先へ行き、サンタポッローニア通り(Rugheta S. Apollonia)から同名の運河通りへと左へ道を取り、直ぐ前の門の中へ入る。

ここは町で唯一のローマ様式の例であり、12世紀のベネディクト派の素晴らしい中庭がある。壁面に沿って建築で使われた大理石片の収集物が置かれている。ここでCorto は喧騒を離れて、遠くから聞こえる響きを耳にしながら、隠遁的な時間を楽しんだ。

井戸の周りの今や無用となった初期キリスト教時代の格子模様に囲われた、この調和的な高価な宝石のような一角を後にして、運河通りへ向かおう。カノーニカ(Canonica)橋を渡る時、左手向こうにソスピーリ(溜息)橋が望まれる。総督宮殿とセレニッスィマの牢獄間の中空を渡る有名な渡り廊下である。

橋を進行方向に渡るのではなく、左手の大きな門に入ってみよう。ここも、また別の、町の秘められたコーナーである。15世紀の聖テオドールスの小さな教会があった。かつてファサードは完全にフレスコ画で覆われ、教皇庁の検邪聖省(異端審問所)の在所だった。煉瓦造りのサン・マルコ寺院後陣、特に補強用の扶壁に打ち込まれた各片は素晴らしい。それは寺院修復中に発見された物で、色々のスタイルの物、時代も11~16世紀に渡り、建築的な大きなコラージュ風の装飾のように配置されていた。

カノーニカ運河通りを行くと、レオーニ(Leoni)小広場に通じる通りに出る。そこにはサン・マルコ寺院の前にビヤホール“アイ・レオンチーニ”があり、1920年代ファシスト達の溜まり場だった。 
サン・マルコ広場サン・マルコ寺院は、寺院全体に張り巡らされたモザイクの黄金の輝きに包まれ、三次元的なイコンがその広がりを与えている。床は素晴らしいものであり、またとない素晴らしいパーラ・ドーロ、夥しい聖遺物のコレクション、宝玉類があり、そしてクリプタでは、歴史を思い起こすため、暫し立ち止まろう。

このクリプタには1094年聖マルコの遺骸が置かれた。それは828年、ヴェネツィア商人ブオーノ・ディ・マラモッコとルースティコ・ディ・トルチェッロの二人がエジプトのアレクサンドリアから持ち帰った物である。ある僧院から掠め取り、豚肉の荷の下に隠し、イスラム教徒のチェックを逃れた。更に福音書記聖人の下に隠した物は、ソロモン王の鎖骨やソロモンとシバの女王の宝物を見付け出す秘密の扉を示す神秘の呪文が彫り込まれた魔法のエメラルド宝玉があった。

904年パレルモのサウド・ハルラは最高に高価なエメラルドを自分の物にすることが出来た。それをヴェネツィアのどこかに隠したが、マドンナ・デッロルトかサン・マウチリアーンかサン・マルツィアーレのどこからしい。 ……」 (続く)
[Saud Khalula di Palermoとは?: このアラブ風の名前はスィチーリアに長く君臨したアラブ人の子孫を意味し、漫画家ウーゴ・プラットのシリーズ漫画の中のヴェネツィア篇に登場するキャラクターということでしょうか]
  1. 2016/10/27(木) 00:02:29|
  2. ヴェネツィアの街
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィア街案内(8) | ホーム | ヴェネツィアの喫茶店: メネガッツォ(Menegazzo)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア