イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

サン・スターエ教会

コッチーナ・フォスカリーニ館を右に進むと、サン・スターエ教会となります。E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)は次のような事を教えてくれます。
サン・スターエ「古い建築で、10世紀に遡り、ジュストとアドルドのトローン一家の手によって、ファサードが大運河に向くように最初の向きを90度変更するというやり方で、ジョヴァンニ・グラッスィによって、1600年代後半に完全な形で再建された。

最後の所は、総督アルヴィーゼ・モチェニーゴの遺産のお蔭で、建築家ドメーニコ・ロッスィによって1709~1710年に仕上げられた。

教会はバロック様式の建物である。両脇に礼拝堂のある一身廊の形式で、パッラーディオの影響が色濃く感じられる建造物である。コンポジット式の半柱で三分されたファサードは、破風と短い建物袖部を支え、当時の多くの彫刻家の装飾物で飾られている。

入口の大門は、特にファンタスティックに区切られたティンパヌムが浮き立って、彫刻による装飾的動きでその成果が際立つ。内部は興味深い画家達の作品に満ちて、ピアッツェッタやティエーポロの作品で素晴らしい。

大運河に面して教会左隣に、1700年代の素晴らしい建物がある。ティラオーロ・エ・バティオーロ同信会の建物である。

1636年教会の前では、激しい暴風雨が吹き荒れていたが、アンドレーア・ドナと妻のチェチーリア・ポラーニがペーザロ館での仮面パーティー後、帰宅する時、ゴンドラが転覆して、二人の夫婦とゴンドリエーレ達が溺れ死んだ、ということがあった。」

ドナ家は、フランチェスコ(1545~1553)、レオナルド(1606~1612)、ニコロ(1618)と総督を輩出した家系です。

尚、サン・スターエ教会に寄り添うように左に建つティラオーロ(Tiraoro)・エ・バティオーロ(Batioro)小同信会館は、1420年創立で、最初サンティ・フィリッポ・エ・ジャーコモ教会にありましたが、後サン・リーオ教会に移り、更に1720年サン・スターエ教会隣に移動しました。

後期バロック様式のこの建物は、建築家ジャーコモ・ガースパリに帰属しますが、彼はサン・スターエ教会ファサードのコンペでは、参加しただけに終わりました。tiraoro は織物用の金糸を造る職人、batioro は工芸品用の金箔を造る職人の意のヴェネツィア語。
  1. 2017/01/19(木) 00:04:26|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――タニス・リー | ホーム | ヴェネツィアの建物: コッチーナ・フォスカリーニ(Coccina Foscarini)館(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア