イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

テアートロ・イタリア(Teatro Italia)

前回、スーパーマーケットになったテアートロ・イタリアについて触れました。駅からの一本道サン・ベルナルド埋立通りからプラトール通りと、マッダレーナ埋め立て通りの間、アンコネータ(伊語anconetta)小広場にあるこの建物についてイタリアのサイトは次のような事を述べています。連れ合いが語学留学中、左脇のアゼーオ通り(Cl. de l'Aseo=伊語aceto)奥にアパートを借りていた頃は、いつも大学生が屯していたそうです。
テアートロ・イタリア 地図2地図1「トゥレニターリアのサンタ・ルチーア駅とリアルト橋を繋ぐ人通りの多い道(いわゆるストラーダ・ヌオーヴァ)に建つ、正面にTEATRO ITALIAと書かれたネオ・ゴシックの独特の建物である。

1915年ジョヴァンニ・サルディによって建て変えられ、ラグーナのゴシック様式を採用し、特に一面窓とサン・マルコ広場の総督宮殿とドルソドゥーロのフォースカリ館(現在大学)の三連窓を採用している。

ファサードを見ると、2階に二つの紋章が見え、屋根の手摺りの中央に、有翼のライオンが見える。鉄製の四つの入口の大門は、ウンベルト・ベッロットの設計で、内部のシャンデリアも彼のデザインである。

ヴェネツィアの画家アレッサンドロ・ポーミ(1890~1976)が建物内部の中心のホールの天井中央に、“イタリアの栄光”と称する寓意画をフレスコで描いた。一方、フリウーリ人グイード・マルッスィグが地元の画家達と内部の品格ある装飾をリヴァティー様式で仕上げた。それは鉄筋コンクリートで補強され、建物の最初の例を見るものである。

テアートロ・イタリアの歴史は区々である。最初は映画館に改築され、長い間の閉鎖後、ヴェネツィア大学の持ち物となり、長い修復の期間中開かれたこともあったが、結局スーパーマーケットとしてオープンした。」

別のサイトはもっと古い時代の事を語っています。ビザンティン式の典型的な建物だったそうです。サン・マルコの有翼のライオンが屋根部を飾っています。伝説的な演奏家達が、音楽やオペラの催しを数多くこなしたのです。

劇場は500年近くに渡って、伝説的な演奏家達がその世紀でも際立つ音楽やオペラ等の催しを数多くこなしてきたのです。この劇場は世界でも、その他多くを凌駕する歴史的遺産でありました。
  1. 2017/03/09(木) 00:05:43|
  2. ヴェネツィアの劇場
  3. | コメント:0
<<マルコ・ポーロ | ホーム | ヴェネツィアのカーニヴァル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア