イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの街案内(16)

(続き)
「二番目の軒下通りを越えると、セコンダ・デル・ミリオーン小広場があり、そこにはポーロ家の家があった。その名前はヴェネツィアの偉大なる旅行者マルコ・ポーロが書いた著名なる作品『イル・ミリオーネ(Il Milione――東方見聞録)』を我々に思い起こさせる。

ヴェーネト=ビザンティン様式のアーチ(11~12世紀)の下を潜り、マーリブラン劇場(当時映画館)の前に出る。1677年グリマーニ家の意向で建てられたが、最初はサン・ジョヴァンニ・グリゾーストモ劇場と呼ばれた。装飾が豊富で、取り分け音楽用の劇場だったが、時代と共に経営と目指す目的が変わっていった。

1834年新しいパトロンが改築し、有名な歌手マリーア・フェリーチタ・ガルシーア(伊語式)・マリブランに対する感謝の印にマーリブラン劇場と呼ばれることになった。
[劇場名はマーリブラン(伊語)となりましたが、マヌエル・ガルシアの娘、パリ生まれの西国歌手マリア・フェリシア・アンナは仏人ウジェーヌ・マリブランと結婚します。1835.04.08日この劇場でヴィンチェンツォ・ベッリーニの『La Sonnambula』を歌った時、この劇場の有様を見かねて出演料を修復のために使ってほしいと辞退した事を受けて、このマーリブランを劇場名とする事になりました。その辺りの事情については2010.06.05日のサン・ジョヴァンニ・グリゾーストモをご覧下さい。]

この劇場はコルト=プラットの世代にとって、重要な役割を帯びていた。事実ここは、フェニーチェ劇場が選ばない、軽い演劇を上演していた。小作品が好まれ、それは『アルレッキーノの三百代言』のような演目であった。パルコは当時の青少年達にとって、絶好のランデヴーの場であり、同じような演目として興味はあっても、それを超越する、といった場所だった。

セコンダ・デル・ミリオーン小広場に戻り、テアートロ橋、そしてスカレッタ通りへ向かおう。その通りの右に20年前まで人々がよく通った、外国渡来の新しいダンスを教える、ロランドによる学校があった。

通り突き当りまで行き、サンタ・マリーナのアーケードを越し、クリスト通りに入り込むまで斜めに突っ切って行く。クリスト橋からの運河の眺めは大変美しい。素晴らしい館が重なり、織り成して我々を魅了する。運河通り(fondamenta)を行くと、コルト・マルテーゼが愛して止まなかった住居の一つの大門の前に出る。ヴァン・アクセル館である。
ヴァン・アクセル館最初はソランツォ館であった。その後フランドルの裕福な商人ヴァン・アクセル(Van Axel)家が所有した。1665年ヴェネツィア貴族となったのである。内部にはヴェネツィア・ゴシックの大変美しい中庭がある。
[地図帳『Calli,Campielli e Canali』は、このソランツォ=ヴァン・アクセル館について次のように紹介しています――オジーブ式建築の最も重要で興味深い物の一つである。1473~79年に装飾的要素が色濃く残るヴェーネト・ビザンティン様式の建物が建っていた跡地にソランツォ家が建てた。15世紀の木製のノッカーを備えたオジーブ式の大門はオリジナルで、ヴェネツィアでの例は唯一。]

カステッリ通り左側は町の宝石のような建築の一つであるサンタ・マリーア・デイ・ミラーコリ教会に通じている(人々のもとで奇跡のような名声で獲得した、ここにある聖母の絵の回りに集められたコインで建てられたかのようである)。このような色とりどりの大理石のボンボン入れのような作品は、ピエートロ・ロンバルドと彼の工房の手になるものである。1481に始まり、1488年に終わり、12月31日の夜、祭壇に素晴らしい絵が齎された。教会前部に数年前からクラシック音楽の愛好家用に適した場所が設置された。
santa-maria-dei-miracoli[上掲の地図帳曰く――伝承によれば、カ・アマーイ小広場に居宅のあるフランチェスコ・アマーディが、1477年既にそれが奇跡と考えられていた聖処女の絵をその広場に設置させた。その絵は崇拝され、捧げ物等が豊富だった。アマーディの高潔無私の雅量から、その奇跡の絵を収めるために、1481~89年ピエートロ・ロンバルドの設計で教会が建てられた。外部も内部も色大理石で覆われ、取り分けロンバルドの装飾技法の最良の物となった。]

この素晴らしいルネサンスの建物を曲がり、サンタ・マリーア・ノーヴァ橋を越え、左の通りへ曲がり、広場中ほどに建つ家に沿って曲がると、その建物は6044番地で、“ピッケのエース”考案者で編集者のマーリオ・ファウストネッリが住んだ。ヴェネツィア漫画の創始者である。
[この6044番地の脇道に、通行する人が何故か踏んで通り過ぎるのを避けて行く、座布団大の石板が道に埋め込まれています。その石を踏むと縁起が悪いのだそうです。]

この家の前にベンボ・ボルドゥ館が建ち、そのファサードにはヴェネツィア人を魅了する、多分外国から渡来した彫像を収めた壁龕がある。毛むくじゃらの野人の像Chronosである。その当時の貴人か“太陽の円盤”を手にするSaturno(農耕神サトゥルヌス、希語Kronos)であろう。
[クロノス像はジャンマッテーオ・ベンボ(有名なピエートロ・ベンボの孫)が設置した物で、ここに在住し、像の下に記した羅典語の文言に「この太陽板が回転するまで、Zara(クロアティアのザダル)、Cattaro(モンテネグロのコトル)、Capodistria(スロヴェニアのコーペル)、Verona、Cipro(キプロス島)、Creta(クレタ島)、Giove(ゼウス)の寝床が我が行動の証明になり得よう、と。] (17)へ続く
  1. 2017/03/30(木) 00:45:04|
  2. ヴェネツィアの街
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの観光客 | ホーム | ヴェネツィアの街案内(15)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア