イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: プリウーリ・ボン館他

サン・スターエ教会を右へ進むと、プリウーリ・ボン館です。E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)は次のように紹介しています。

「13世紀終わりか14世紀初めに遡る、小さいながら興味深い建物である。高く持ち上がった1階大門(一部は塗り込められて壁になった)のヴェーネト=ビザンティン様式からゴシック初期様式への推移が理解されるが、2階の五連窓に真似た、5ヶのビザンティン式の大門は上部が屈曲し、一種の尖塔状である。
プリウーリ・ボン館プリウーリは“新しい”家系の一家で、ヴェネツィアに著名な司法官や軍人を輩出した。現在も存続する一族である。バルバリーゴ家としてプリウーリの2人の兄弟は、続いて総督宮殿の王座に就いた[マルコ(1485~86)、アゴスティーノ(1486~1501)の事]。

最初のロレンツォ(1556~59)は大変な威信と権力を得たが、父親は不幸にも息子の邪悪さが心配のあまり、死んでしまった。彼の後任となったのは弟のジローラモ(1559~67)で、彼は正に熟慮の人であり、元老院の多数から尊敬された。というのは彼自身慎重で、冷厳な人物であり、貴族階級に対し、厳しい姿勢を貫き、人々は、彼は彼の一族の一人の非行に対して責任がある、そういう一家の一員であるとは考えなかった。3番目の総督アントーニオ・プリウーリは教養ある法曹家だった。」

プリウーリ・ボン館の右隣は、バッキーン・デッレ・パルメ館前部に庭があり、更にその右はドゥオード館です。エレオドーリの『大運河』は次のように述べています。

「14世紀終わりから15世紀初めにかけてのヴェネツィア・ゴシック建築の変遷の様相を示す、屋根裏部屋を持つ小さな建物である。ピアーノ・ノービレ(2階)の中央に屈折したアーチの美しい四連窓が開け、露台が突き出して、両脇に一面窓を従えている。1階と中2階は次の世紀に模様替えされた。左隣には壊れたコンタリーニ館の庭(バッキーン・デッレ・パルメ館前部の事)がある。

ドゥオード家については1000年代から史料があり、数多くのキャプテン達が何世紀にも渡って一家の名声を高めた。1704年、ピエートロの死が大きなスキャンダルになった。修道女の嫉妬のために、パーオロ・ドナに殺されたのだった。」

更に右隣はトゥローン館です。前掲書の記述を借ります。
ドゥオード館ほか「16世紀終りのルネサンス様式の美しい建物である。この建物以前の、非情に古い建物の上に建てられた。トゥローン家が10世紀にサン・スターエ教区に属すると確認されて以来のことである。ファサードは露台で強調され、柱の上のアーチとなった大きな五連窓[写真で見る限り、四連窓に見えます]で、2階、3階の中央に開けている。そして一面窓で両脇を固めた[四連窓の両脇に一面窓、更にその両脇に一面窓がバランスを外してあるように見えます]。現在は建築大学が入っている。

トゥローン家はヴェネツィア起源の“16護民官家”の一家である。裕福で影響力のある一家であったが、トルコとの戦争に凄まじい量の血を注いだ一家でもあった。総督ニッコロ(1471~73)は優秀な政治家で、当時17歳だったカテリーナ・コルネールがキプロスのルジニャン王ジャック2世との結婚に際しては大変面倒を見た。この重要な島とヴェネツィアの合法的な合併を画策し、事実そうなったのだった。

彼は市民達から珍しい贈物を貰った。それは、“トゥローン総督閣下は性悪だが善人だ”、という呼称である。彼はサンタ・マリーア・デイ・フラーリ教会に葬られ、墓の彼の像は主祭壇の左に置かれた。大きな口髭を目にすることが出来るが、それは彼の一人息子が死んだ時、生えるに任せ、永遠の喪に服する印として決して剃らなかったものである。

トゥローン家の権威と富は斯くも大きなものであったので、1775年皇帝ヨーゼフ2世のヴェネツィア訪問の折には、自分の館にお招きし、豪華な晩餐会の後、有名なパーティを催す栄誉を許されたのだった。サン・スターエ教区のトゥローン家は1800年ヴィンチェンツォで血筋が途絶えた。」
  1. 2017/05/11(木) 00:21:53|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<所謂《ゲットー》について | ホーム | ヴェネツィアの街案内(21)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア