イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの建物: Palazzo Bellon Battagia(ベッローン・バッタージャ館)他

カ・トゥローンを更に右へ進むとベッローン・バッタージャ館となります。E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)は次のように言っています。
メージョ倉庫他「海軍最高司令部のシンボルである2柱の方尖塔が見えるので、それと分かる建物である。館はバルダサーレ・ロンゲーナが1645~48年に建てた物で、それ以前にあったゴシック様式の建物を改築したもの。規模を縮小したにも拘わらず、装飾的要素が豊富で、バロックのファサードを特徴付けている。

即ち、浮き出た曲線のティンパヌムは区切られて、コンポジット式の扶壁柱で支えられ、壁面を活気付ける木目模様や大理石の二つの大きな紋章で2階窓の枠取りを構成している。内部は19世紀に再び手が加えられ、ジュゼッペ・ボルサートとジョヴァンニ・バッティスタ・カナールのフレスコ画が保存されている。

今日、イタリア貿易振興会が入っている。

バッタージャ家はロンバルディーアから到来した一家で、スフォルツァ家と縁続きであり、1500年頃貴族を許された。その時ピエートロ・アントーニオはクレモーナ城の城主であったが、セレニッスィマ共和国の要塞を任されていた。その機会にヴェネツィアは彼に大運河の館を与えた。

この一家から多くの著名な軍人が輩出し、ジェローラモは1667年カンディア(クレタ島の港)の施政長官であった。1604年ピエートロ・パーオロ・バッタージャは酷い不和のために兄弟のジャーコモを人手に殺させたが、その夜にはあるパーティから帰宅したのである。」

その右隣はメージョ(Megio=伊語miglio(粟)、biada(飼葉)の意)倉庫です。E.&W.エレオドーリ著『大運河』(1993)は次のような説明をしています。

「15世紀の建物で、粟や飼葉等、即ち広い意味で穀類の貯蔵倉庫として共和国が使用した。何世紀もの間に、1階の三つの大門と上の階の、3層のアトランダムに置かれた小さな窓がある簡素なファサードの素の煉瓦の赤い色がくすんで来た。全て白い大理石が打ち込まれた、狭間胸壁仕上げで洗練され、中央にはセレニッスィマ共和国のシンボルである有翼のライオンを彫った大きな大理石の板が置かれている。

共和国には、穀類が充分足りている事を確認することは日常的な必須事項であった。それ故、係の執政官は常に在庫量をチェックしていた。飢饉の酷いある期間には、いつもの無遠慮な現実感覚で、彼らは正に穀物獲得のためには海賊行為にまで赴いたのであった。」
[ヴェネツィアの穀物倉庫については、2013.02.23日の飢饉や2014.03.26日の小麦倉庫で触れています。]

更に右はトルコ人商館(Fondaco[=ヴェ語Fontego] dei Turchi)です。今度はR.ルッソ著『ヴェネツィアの館』(1998)の記述を借ります。
トルコ人商館「今日トルコ人商館として知られるこの館を、1200年代ヴェーネト=ビザンティン様式で建てさせたのは、一人の商人貴族であったペーザロ領事のジャーコモ・パルミエーリという人物だった。

オリエントや西欧の商品、大量の生姜や胡椒の袋、中国絹やイングランド布の梱を大きなガレー船が着岸して、陸揚げが可能なためにわざわざ作らせたと思われる。1381年共和国が手に入れ、フェッラーラ侯ニコロ・デステに、キオッジャ戦争の時に彼が示した忠誠のために与えた。その時以来、館はエステ家の一種の流動的財産となり、関係に罅が入るとセレニッスィマは押収し、改善されると戻された。

こうして1483年、フェッラーラは後背地に領土拡張政策をするヴェネツィアに反対し、1509年にはカンブレーの反ヴェネツィア同盟に加わった。共和国は著名な外国の訪問客とそのお付の家来を歓待するのにこの建物を利用した。

1438年2月のフェッラーラ宗教会議の折、ビザンティン皇帝パライオロゴス公ヨハンネス8世(Giovanni Ⅷ Paleologo―在位1425~48)が、2ヶ月以上の船旅でコンスタンティノープルからギリシア正教会総主教と650人以上の聖職者に付き添われ、館に宿泊した。

館にはパンドルフォ・マラテスタ[リーミニの狼と呼ばれた、リーミニ領主シジズモンド・パンドルフォ・マラテスタ]、ヴァラキア王[古代ダキアDaciaと呼ばれたルーマニア南部の王]、ポルトガルのペドロ卿――女達をバルコニーに呼び出すように喇叭手やファイフ奏者が前触れ役で奏し街を回った――ハプスブルク公フリードリヒ3世(Federico Ⅲ d'Asburgo)、アンジュー公ルネ(Renato d'Anjou)、ポーランド王妃ボーナ・スフォルツァ等が宿泊した。

17世紀初めになって、トルコ人が滞在するためやって来た。その時、新しい所有者であった総督アントーニオ・プリウーリ(1618~23)が、トルコ商人に貸すことを決めた。政庁が何年も前から考えていたことは、トルコからだけでなく、コンスタンティノープルの君主に従う、あらゆる地方からやって来る商人、事業家、色々事業を企む人々を一つの場所に纏めて、集めたいと考えていた。

門と窓はイスラムの習慣で閉じられ、モスクと風呂が設けられた。しかしキリスト教徒の女や若者の入館の禁止は、トルコへの偏見が執拗だったことを示している。オリエントとの交易が下火になり、商品数が減少し、結果賃借料の利益が減り始めた。建物の状態も悪化し、1732年には建物の崩れも大きくなった。トルコ人は1838年まで住み続けた。最後のサッド=ドゥリズディとかいう人物は、マニーン家がペーザロ家から遺産として得たこの建物から、出て行かざるを得なかった。

1860年以来、市の所有となり、博物館となった。最初はコッレール市立美術館、続いて自然史博物館である。」
  1. 2017/05/25(木) 00:02:49|
  2. ヴェネツィアの建築・建物
  3. | コメント:0
<<天正遣欧使節(10) | ホーム | 所謂《ゲットー》について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア