イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアのヴォガロンガ(43回目)

本日の新聞La Nuova紙に船の長距離漕(ヴォガロンガ)の記事が載っています。少し訳してみます。
サン・マルコ湾の船「 ヴェネツィア、2000艘のヴォガロンガ大会
――今年の大会はリーノ・トッフォロに捧げた大会で、沿岸の声援者は大変な人。例によってカンナレージョ運河は大渋滞――

サン・マルコ湾で9時に伝統的な櫂を高く掲げる、捧げつつの礼、の後、号砲で出発。今年はリーノ・トッフォロに捧げた43回目のヴォガロンガである。彼はムラーノ島の自宅のような大きな船で参加してきた。2000艘で、7700名の操舵者。

海、太陽、風、温度、全ては滑らかに進捗した。河岸では感動の嵐があり、熱い声援が飛び交った。数多くの住民や観光客が操舵者を待ち、色とりどりの、また風変わりな、あるいはアルミニウム製やクラッチペダル推進式の船を楽しんだ。……
……」
これだけの船が集まると、大会関係者の努力は大変なものでしょう。宿泊宿や船の係留地等何か月も前から交渉事が始まって、それが43回続いているということです。船が好きだから出来る事なのでしょう。
  1. 2017/06/05(月) 20:55:34|
  2. ヴェネツィアの行事
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの建物: Ca’ Correr(カ・コッレール)他 | ホーム | 天正遣欧使節(10)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア