イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

クシシトフ・ポミアン著: ヴェネツィアの『コレクション』(1)

ヴェネツィアで収集された各種の物、例えば彫刻、骨壺、浮彫、碑文、箪笥、メダル、カメオ、指輪、ランプ、フィブラ、花瓶、蝋燭立て、十字架、香炉、聖遺物容器、祭壇飾り、聖体器、聖杯、楽器、鎧、鍵、籠手、馬用面頬、短銃、矛槍、剣、鉄砲、槍、角笛、版画、花瓶、自然物、とりわけ絵画です。

古代から色々なコレクションがあり、ヴェネツィア(ヴェーネト)とパリのコレクションについて述べた『コレクション――趣味と好奇心の歴史人類学』(クシシトフ・ポミアン著、吉田城・吉田典子訳、平凡社、1992年5月13日)という本があります。
コレクション「アポストロ・ゼーノ(1668~1750)の書簡を調べると、メダル・コレクションの成立を跡づけることができる。つまり値切るための交渉、真贋の吟味(なぜなら市場には偽造や不正取引のメダルが出回っていたから)、専門家への照会、交換である。1708年に創設されたゼーノ・コレクションは、1726年には約5900点のメダルを収蔵しており、そのうち700点はギリシア、700点は金、1400点は銀、1000点は大型ブロンズ、1600点は中型ブロンズ、800点は小型ブロンズであった。

ゼーノと同様ヴェネツィア人であったオノリオ・アリゴーニ(1668~1758)は、メダルを求めてイタリア全土を25回も旅行した。彼は1740年頃にはおよそ20000点のメダルと、それに他の古代遺物――分銅、ランプ、壺、エジプトの小彫刻、護符、供犠の道具――を集めた。けれども、メダルと古代遺物に関してもっとも立派な収穫をあげることができたのは、東方においてであった。

それを示しているのがジャンアントニオ・ソデリーニの例であって、彼は初めエジプト、聖地、トルコ、そしてギリシアの島々、さらには軍隊の指揮を取っていたザーラ(ザダル―アドリア海に面した現ユーゴスラヴィアの港町。15世紀から18世紀までのヴェネツィア領)への旅行を通して、その立派な陳列室を整備したのだった。

同じようにマルカントニオ・ディエードは御用商人(プロッヴェディトーレ)をつとめていた軍隊から戻って、ゼーノに自分の《無数の》メダル、彫刻、碑文、浅浮彫、壺などを見せて驚かせた。ヴェネツィアでは、ギリシアや東方から戻ってくる旅行者がメダルを持ち帰ることがよく知られていた。そこで好事家は、たとえばスポンがその楽しい経験を味わったように船が到着するとそこに買い求めに来たのだった。
……
それから20年間の空白がやってくるが、そこに1630年のペストの影響を見ないわけにはいかないだろう。なるほど、ピニョーリア[PignoriaはSignoriaと同様、ピニョリーアと発音するでしょう]のことを知っていて、その図書室とコレクションの記述を行ったジョヴァンニ・フィリッポ・トマシーニ(1595~1655――Tomasiniはヴェネツィアではトマズィーニ)なる人物がいて、ジョヴァンニ・デ・ラザーラと交際していた。

けれどもこの種のまれな事実だけでは、17世紀初頭の世代と、世紀後半にやってくる世代――その首領はセルトリオ・オルサートである――とのあいだに橋を架けることができない。オルサートはイレーネ・マントヴァ・ベナヴィデス(アンドレアの妹)の夫で、先祖からのコレクションの最後の管理者であり、碑文研究におけるチェルキアーリの師匠であって、ヴェネト地方で古代碑文に関心を持つ全ての人に影響を及ぼした。彼はジョヴァンニ・デ・ラザーラの友人で、他のイタリア都市や外国の多くの学者、古代遺物蒐集家たちと書簡を交わしていた。

彼に直接間接に師事した弟子のなかでは、カミーロ・シルヴェストリが筆頭格で、オルサートの築いた碑文コレクションを受け継ぐことになった。それはパドヴァからロヴィーゴに移され、カミーロの息子カルロ・シルヴェストリによって、音楽愛好家アカデミー博物館のためにマッフェイに売られ、そこでニケソーラの大理石と一緒になった。

カミーロ・シルヴェストリの非常に広範な交際の網目の中には、ジュラントニオ(Giulio Antonioジューリオ・アントーニオの事?)・アヴェロルディ、ジョヴァンニ・マルツィオ・チェルキアーリ、シャルル・パタン、カルロ・トルタ、アポストロ・ゼーノ、シピオーネ・マッフェイといった、われわれがすでに出会った何人かの人物がいる。この最後の二人は――といっても、彼らだけというわけではないが――好奇心と古代遺物学の伝統を、遠く18世紀にまで延長したのである。……」 (2)に続く

この分厚いA5版の濃密な内容の本を要約するのは私には丸で無理です。次回は中心となる絵画のコレクションについてです。
  1. 2017/06/22(木) 00:27:14|
  2. ヴェネツィアに関する書籍
  3. | コメント:0
<<クシシトフ・ポミアン著: ヴェネツィアの『コレクション』(2) | ホーム | ヴェネツィアの建物: Palazzo Zen、 P.Corner等(ゼーン館、コルネール館)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア