イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

アックァ・アルタ(高潮)

私のアックァ・アルタの初体験は、2000年11月のことでした。アルセナーレ脇の《二つの井戸広場》近くにアパートを借りて、語学学校に通っていました。早朝5時頃サイレンが鳴り響きました。「すわ、 火事!」と起き上がりましたが、サイレンは数回鳴っただけで、直ぐに鳴り止みました。「火事ではなかったのか!」

いつものように起きて朝食を済ませ、ヴァポレットの停留所に向かうと、毎日通るアルセナーレの城壁の周りのゴルネ運河(Rio de le Gorne)沿いのゴルネ運河通りは水で埋まっています。他の停留所に通じる道全てを試してみましたが、水に浸かっていない道はありませんでした。

アパートに戻り、ビニールの大袋を靴から膝に巻いて、何とか学校の近くまで行きました。学校前のカナール埋立通り(Rio Tera` Canal)は低く、完全に水没しており、拳骨橋手前のサン・バルナバ広場(Campo S.Barnaba)で潮の引きを暫く待ちました。

学校の私のクラスに着くと、1966年の嵐と高潮が重なって、ヴェネツィアに大被害をもたらした時のフィルムを生徒達は見ていました。いつもの半分の人数です。その年はイタリア北部は各地で悪天候のために洪水などの被害を被りました。アルノ川が氾濫してフィレンツェが水に浸かったのもこの時です。

帰宅前にサン・モイゼ大通り(Salizada S.Moise`)で土産物屋を開いている、ジャンニの店に寄ると、今日は水がここまで来たとショーウィンドーの下を指差します。10日ばかり前の高潮はもっと高かったそうで、1966年以来の高潮だったと言います。そのため引き潮の時、沢山のサン・マルコ小広場に置かれていたアックァ・アルタ用の渡り廊下が波に浚われたのだそうです。早速、ダークグリーンの長靴を買いに行きました。

『ヴェネツィア貴族の世界―社会と意識』(永井三明著、刀水書房、1994年2月4日)の巻末の年表を括ると、アックァ・アルタの歴史をピックアップすることが出来ますが、ホテルで頂いた雑誌『ヴェニス・マガジン』(2002年11月15日号)にその記事が集められ、年代記風に掲載されています。それを訳してみます。
VeniceMagazine「589年=我々は水上でも陸上でも生存出来ない。
782年=余りに大量の水量で、殆ど全ての島が沈んでしまった。
885年=水が町全体に襲い掛かり、教会も民家も突き抜いていった。
1240年9月23日=水が人の背丈以上の水位で道を沈めた。
1386年=水位が通常の8ピエーデ(1ピエーデ30.48cm)高に達した。
1410年8月10日=多くの船が沈んだ。メーストレや他の町から来ていた人々が1000人ばかり溺れ死んだ。
1442年11月10日=商品の損害は黄金100万ドゥカートにも及び、建物の損壊は優に10万ドゥカートを超している。
 [『地中海』(フェルナン・ブローデル著、浜名優美訳、藤原書店)は、《1443年11月10日の損害は巨額で、50万ドゥカート》と書いています。]
1535年12月20日=水位が上昇、家に侵入し井戸を壊した。
1536年1月=水位がかつて見たこともない程の高さに達した。
1600年12月18-19日=船がサン・マルコ広場や通りを行き交った。
 [上記『地中海』(ブローデル著)は、この日の記述に《砂州、堤防、建物、1階の個人商店、塩、小麦、香辛料の公共商店は大変な被害を受けた。損害は金100万である》としています。]
1848年=水は140cm の高さに達した。
1867年=水位は153cm に届いた。」
フェリックス・ジアン画『サン・マルコ寺院前の高潮』フェリックス・ジアン(仏画家―1821~1911)画『サン・マルコ寺院前の高潮』
  1. 2008/10/26(日) 00:08:58|
  2. ヴェネツィアの自然
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの聖マルコ伝説(1) | ホーム | 潟(ラグーナ・ヴェーネタ)の自然>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア