イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

クシシトフ・ポミアン著: ヴェネツィアの『コレクション』(3)

(続き)
「ヴェネツィアの主要な博物館がそれぞれ歴史上の異なる時代に由来することを確認するためには、設立の年代を付けたその一覧を作成するだけで十分である。サン・マルコ大聖堂の宝物庫は大部分が13世紀に形成されている。十人委員会武器室(サーレ・ダルミ・ディ・コンシリオ・デイ・ディエチ)の起源は14世紀、考古学博物館の起源は16世紀である。

1807年2月12日に創設されたアカデミア美術館は、マンフレディニアーナ絵画館やコレル博物館と同様、18世紀が生みだした成果である。ただしコレル博物館はアカデミア美術館よりあとに作られており、その内容自体に共和国の崩壊が深く刻印されている。1866年以降、この博物館はリソルジメント博物館によって捕捉されることになる。

1868年にはクエリーニ=スタンパリア絵画館が、1897年には近代美術館が、それぞれ開設される。1920年代になると東洋博物館(1923)、カ・ドーロのフランケッティ美術館(1927)が作られ、また1924年にはコレル博物館から自然科学博物館が独立する。のちにやはりコレル博物館から独立するのは、ガラス工芸博物館(1932)とレッツォーニコ宮の十八世紀ヴェネツィア博物館(1935)である。そして1951年には、ヴェニエール・デイ・レオーニ宮にペギー・グッゲンハイムのコレクションが最終的に収められることになった。
アッカデーミアマンフレディアーナコッレールリソルジメントスタンパーリアカ・ペーザロミアーニ・コレッティ・ジュスティ館ガラス工芸博物館カ・レッツォーニコ館ヴェニエール・デイ・レオーニ館[写真はサイトから借用――私の表記法で記します。アッカデーミア美術館(Galleria di Accademia)、マンフレディニアーナ絵画館(Pinacoteca manfrediniana)[この絵画館が入館しているSeminario Patriarcaleの中庭に天正四少年遣歐使節の碑(1585)が移設されています]、コッレール美術館(Museo Correr)、イタリア維新と十九世紀博物館(Museo del Risorgimento e dell'Ottocento veneziano)、クェリーニ・スタンパーリア財団絵画室(Fondazione Querini Stampalia)、近代美術館(Galleria d'Arte moderna)、東洋博物館(Museo d'Arte Orientale)[近代美術館の上階に東洋博物館が入館]、ジョルジョ・フランケッティ美術館(Galleria Giorgio Franchetti)[左隣のミアーニ・コレッティ・ジュスティ館も使用しています]、ガラス博物館(Museo del Vetro―1861年創設)、カ・レッツォーニコ、ヴェネツィア十八世紀博物館(Ca' Rezzonico, Museo del '700 veneziano)、ペギー・グッゲンハイム・コレクション(Collezione Peggy Guggenheim)]
……
公共博物館の形成――第一のものは、伝統的タイプと名付けることができる。それは通常の機能を果たす一方で、公衆に向けて公開されたコレクションを生み出すようなあらゆる制度によって代表される。公開といっても、すべての人々に対する場合もあれば、ある限定された範疇の人々に対する場合もあり、また、前もって定められた時間帯の場合もあれば、特別なハレの状況の場合もある。

13世紀に創設されてからヴェネツィア共和国が崩壊するまでのサン・マルコ大聖堂の宝物庫の場合が、まさしくそれである。年に5回、大聖堂の中央祭壇の上に展示されたその宝物は、外国の重要人物に対しては例外的に公開された。たとえばジョン・イーヴリンは、1645年にフランス大使の随行の一員としてそれを見学することができたし、モンフォーコンも1698年にその特典を受けた。

したがってサン・マルコ大聖堂の宝物庫は1832年に公式に博物館となるまで、長いあいだ事実上博物館の役目を果たしてきたのである。しかしそれがそのように機能したしたのは、ときたまのことでしかなく、大部分の時間は公衆に対して閉ざされたままであった。

博物館としての役割は副次的なものであり、聖域や宝物庫や品物の保管所としての主要な役割に従属するものであった。そこに収められた品物は、聖遺物であれ権力の象徴であれ、それらの威厳にふさわしい宗教的・政治的儀式――そこでは聖人マルコと祖国とが同時に讃えられる――の枠内で展示されるべきものであった。

同様に、絵画や記念物や芸術作品が、何世紀にもわたって集積されてきたような教会は、何か大きな被害を受けていないかぎり、公衆に公開されるコレクションとなっていた。ガイドブックや町の描写や旅行記などは、まさしくこの宗教施設の歴史的・芸術的側面を強調している。数多くの例のなかから、マルティネッリの小冊子(1705)のタイトルを挙げておこう。

『二部構成からなるヴェネツィアの肖像画あるいはもっとも著名な事物。第一部においては、この町にあるすべての教会が、そのもっとも著名な記念すべき事物、石棺、墓碑銘、碑文、並びにもっとも著名な彫刻・絵画とそれらの説明および作者名とともに、略述されている[……]』。

教会が文字どおり博物館と同一視されることことさえも起こる。たとえばA・M・ザネッティ(小)は1771年、サンタ・マリア・マッジョーレ教会は《完全なヴェネツィア絵画の陳列室[……]と呼ぶことができる》と書いている。

しかし公衆に公開されたコレクションは、ただ教会だけに自然発生的に集積されたわけではない。それらはまた、珍しく美しいものに取り巻かれ、それらを大量に集め、また誇示することを自らに課した貴族や王の宮殿にもしばしば見出される。社会的階級制において彼らが占める地位や彼らが演じるべき役割によって要請されたこの義務のために、個人的には何の関心も持たない場合でさえも、彼らはコレクションを形成しあるいは保存したのであった。

権力の発現であるこうしたタイプのコレクションは、ヴェネツィアでは総督宮(パラッツォ・ドゥカーレ)の十人委員会武器庫にあるコレクションによって代表される。最初は武器の保管庫として作られたものであったが、そこにはのちに戦利品、外国の貴族や重要人物によってヴェネツィア共和国に捧げられた贈物、芸術作品が保管されるようになった。

1683年にピエトロ・モロシーニによって国に贈られた古銭コレクションが置かれたのもそこである。厳重に保護されていた武器室(サーレ・ダルミ)は、ときおり、特別の許可を与えられた著名な訪問者に開かれることがあった。サン・マルコ大聖堂の宝物庫と同様、ここも不定期の博物館であったわけだ。……」 (4に続く)
  1. 2017/07/06(木) 00:08:12|
  2. ヴェネツィアに関する書籍
  3. | コメント:0
<<クシシトフ・ポミアン著: ヴェネツィアの『コレクション』(4) | ホーム | クシシトフ・ポミアン著: ヴェネツィアの『コレクション』(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア