FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの女: ペギー・グッゲンハイム(1)

今までも何度か引用させて頂いている、ブルーノ・ロザーダ著『ヴェネツィア女 愛とその意義――カテリーナ・コルナーロからペギー・グッゲンハイムまで』(Corbo e Fiore Editori、2005.10)で、最後に登場する女性ペギー・グッゲンハイムという、ペギー・グッゲンハイム・コレクションを立ち上げた女性について。

グッゲンハイムという発音はドイツ語式でしょうか、ヴェネツィア人はグッゲナイムと"H"を発音しません。初めてこのコレクションに向かった時、途中土地の人に《グッゲンハイム・コレクションへはこの道でいいですか?》と尋ねると、ちょっと不審そうに間を置いて《お前の言うのは、グッゲナイム・コレツィオーニのことか。だとすれば、この道で Va bene.》と。
ブルーノ・ロザーダ『ヴェネツィア女――愛とその価値』ペギー[写真はサイトから借用]  「ペギー・グッゲンハイムはヴェネツィア女だろうか? その名前から判断すれば、そうだとは全く思われない。 しかも誕生の地だってそうではない。だがしかし"Sìー"、ヴェネツィア女性なのである。1898年8月26日、ニューヨーク生まれは明白そのもの。喋る調子、生き方は全くアメリカ的である。

しかし彼女には何かがある。ヴェネツィア女達について語るこのお話の中で、ヴェネツィア女として彼女を語ることは可能である。ヴェネツィア女ペギー・グッゲンハイムは1962年2月6日、名誉あるヴェネツィア市民権を与えられたというお役所的な理由からだけでなく、更にはより情動的動機からもヴェネツィア人なのである。

ペギー・グッゲンハイムはかつて書いたことがある。即ち《ヴェネツィアは正に我が大いなる"愛"である。この世でヴェネツィア以外、他のいかなる地であれ、私はそこで幸せであり得るべからざるのである。この地に常住したいのだ。》 だから"愛のヴェネツィア女"、我々は彼女をこうも呼べるだろう。

それはあらゆる意味での愛なのだ。それは町にとっても、ある幸運な住民にとっても、更に彼女の比類なき美術のコレクションを鑑賞しようとヴェネツィアを目指し世界各地から訪れる我らが区々の友人達にとっても、である。

ペギーは単なる美術品の大収集家だったのではなく、経営的な意味においても特別な才能も持ち合わせ、愛に焦がれる情熱家だった。私は思い出す: 私の女友達や彼女のアメリカの女友達が私に語った、彼女に対する誹謗中傷のことを。 : もし本当だとすれば、いかにもありそうに思えることは確かである。

欣喜雀躍して1000番目の恋が彼女の人生にやって来たある時期、私の女友達が解説するように、憧憬の余り狂い死にしそうだと妹に直ぐ様電話したらしい。多分彼女には羨望の思いもあったのだろう。ペギーは自分から愛することも出来たし、自分を愛させることも出来た。自らを抑制して、しっかりした、ある種の共感というものを輝かせることも出来た。

しかし時に愛は悩み苦しみを与える。タンクレーディ・パルメッジャーニ(芸術家としては単にタンクレーディ)は偉大な画家だった。19世紀芸術の革新的欲求にひどく敏感に反応し、心の情動、愛、苦しみにも深く突き動かされた。1964年ヴェネツィア・ビエンナーレに出品した。それはいくつかの成功の後に到達した目標地点だった。そして…… 」 (2に続く)
ヴェネツィアが燃えた日今まで何度か紹介したジョン・ベレント著『ヴェネツィアが燃えた日――世界一美しい街の、世界一怪しい人々』(高見浩訳、光文社、2010年4月25日)が、ペギーについて詳しく触れています。
  1. 2017/09/07(木) 00:05:36|
  2. | コメント:0
<<ヴェネツィアの女性: ペギー・グッゲンハイム(2) | ホーム | ヴェネツィアの運河: マリーン運河(Rio Marin)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア